ブックハウス神保町が・・

久しぶりに、神田神保町に行きました。
「神保町にゃんこ堂」を覗くことが目的だったのです。
ネコの本ばっかりを集めた書店で、ネコ好きのメッカと言われているとか?

たしかに店内所狭しと、ねこの本、本、本・・・本当に「ねこ本づくし」でした。
思わず買ってしまったのは、
「ネコのお絵かき帳」・・・ネコの絵の練習帳とでもいうのでしょうか。
これでぼくも、ネコの絵が描けるようになる!?(笑)




と、ここまでは良かったのですが。
次に、せっかくだからと、「ブックハウス神保町」に寄ってみようと・・・
行ってみたら・・・お店のビル内が薄暗くてガランとして・・・
なんと閉店してました。ショック!!
(あとで調べたら、今年2月で閉店されたとか)
少し足を踏み入れる。
店内は、空になったセピア調の本棚が、当時のまま置いてあって。
真ん中には、読み聞かせをしていた空間がそのまま残っていて。
でも、本もない、人もいない。
まるで、ゆめの跡・・・

張り紙があって、
「5月5日より、ブックハウスカフェとしてオープンします」とありました。
カフェなんだ。
絵本も読めるカフェなのかな?

ここで、U先生と一緒に「あたしのサンドイッチ」の読み聞かせをした思い出が・・・
脳裏に浮かびました。
奥の小部屋で絵本原画展をやるのが、ぼくの夢でした。なのに。
なんということでしょう。

すごく淋しくなって、帰って来ました。
残念です。
ほんとにほんとに残念です。




街は変わる。人も変わる。
ぼくに出来るのは、精一杯、絵本作りに励むことだけです。
絵本の神さま、見ていてください。






「きょうはみんなでクマがりだ」














*

[PR]
by tobelune | 2017-04-17 21:22 | えほん | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune