ねえねえ買って〜

昨日のつづきです。

私が「上野の森親子フェスタ」に参加するのが遅れたので、
その前に、こんなことがあったと、作者の長井さんが話してくださいました。

b0246533_23255372.jpg

小学生の女の子が、「ポッカリをさがして」の表紙絵を見て気に入ったらしく、
本を手に持ってお母さんの元へ。
「ねえ、これ買って?」
「だめ、買わないよ。戻してきなさい」
で、戻ってくるが、女の子やはりあきらめきれず、また持って行く。
「ねえねえ、買ってよ〜」
「だめだって」

というのを、5回ほど繰り返したのだそうです。(がんばりましたね 笑)
とうとう、お母さんも根負けして、
「わかったわかった」
お買い上げくださったとのこと。えらいぞ、お嬢ちゃん!

「やっぱり、表紙って大事ですよね・・」
長井さん、しみじみとおっしゃってました。
そうかー、そんなに気に入ってくれたのかー・・・
その子に会いたかったなあ!

と言っていたら。
終わり頃になって、そのご家族がブースに寄ってくださる。
「あとで画家さんが来られると聞いていたので、また寄ってみました」と。
「あ、じゃ、絵入りのサインしますよ〜。ありがとうございます」
というわけで、気持ちを込めて猫の絵を描かせて頂きました。
(著者と画家のWサインに)
「また来てみて、よかったです〜」
と、お母さんも、女の子も大喜びでした。

うれしいなあ〜♡





















*

[PR]
by tobelune | 2017-05-05 07:25 | えほん | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune