2016年 01月 21日 ( 1 )

ピングーのマグカップ

お昼に、たまには日本茶を飲みたいと思って。
マグカップに熱湯を注いだら、
「ピン」
かすかに聞こえた気がした。
カップを温めたそのお湯を急須に移して、
出来たお茶をまたカップに注ぐ。

と、じわじわとお茶が漏れるのです。
「ああ、やはり・・」
マグカップに、ひびが入ったらしい。
いや、元々小さなひびが入っていたのでした。
それが広がって、とうとう漏れるようになってしまった・・・。
もう、これは使えないなあ。

子どもが小さい頃に使っていた、
ピングーの絵がついたマグカップです。
息子が、ピングーのアニメが大好きで、ビデオを繰り返し繰り返し、
何度見たことでしょう。
あの独特のピングー語が、笑えますよね。

なつかしいな。
親子3人で見て、笑って、ピングー語をマネした、あの頃。
もう20年も前になるんだね。
まるで、夢だったような気がする。
黄金時代の思い出・・・

思い出のマグカップ、
捨てるべきか、取っておくべきか??
























[PR]
by tobelune | 2016-01-21 14:30 | 思い出 | Comments(4)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune