カテゴリ:ねこ( 8 )

でかネコがいた!

b0246533_19394144.jpg


私がいつか作りたい絵本のひとつに、「でかネコ」がありますが。
こんなのを見つけました。


なんと!?
森が動いたような巨大ネコ。これ、すごいなー!!
こういうの、出来ちゃうんだー?
美しさに感動。
























*

[PR]
by tobelune | 2016-09-19 19:50 | ねこ | Comments(0)

kikiが心配なんだ

数日前から、うちの飼い猫kikiの目が変でした。
左目の周りが赤くなっていて、片っぽだけ目を細めたりしている。
息子がやけに心配するのです。
「目が傷ついてるのかも知れないから、
病院に連れて行って、見てもらってよ?」

何しろ、息子にとっては、kikiは妹みたいなものですから、
そりゃあもう、優しいんです(笑)。

で、昨日、「明日連れて行くよ」と約束しました。
ところが今朝、kikiの目を見ると回復している。
これなら大丈夫と、そのままにしていたら、息子が来て、
「kikiを連れてってよ?」
「え、だってもう、治ってきてるみたいだよ?」
「さっきも涙目になってたから・・・」
「そうか・・・わかったよ、夕方に連れて行く!」

夕方、雨でした。あちゃー。
息子は用事で出かけてしまう。約束は守るしかあるまい。
キャリーに入れて、自転車の荷台にくくりつけ、出発。
傘を差すのは危ないから、濡れるの覚悟で乗っていきました。
kikiは「にゃーにゃー」と鳴きっ放し。
「大丈夫だよー、よしよし」
なだめつつ自転車こぐと、道行く人が振り返る。

T動物病院に着くと、誰もいなくて(そりゃそうか)、すぐ見てもらえる。
キャリーの扉を開けても出たがらないkiki。恐いのかな。
そっと顔を出して、見てもらう。
「ふむ・・・目に傷はありませんね。おそらく結膜炎でしょう。
目にゴミでも入ったか、何かに当たったか・・・
目薬を差して、様子を見てあげてください。
あと、親指の爪だけ切っておいた方が良いでしょう。
目をこするときに、爪で引っ掻く恐れがありますので・・・」

目薬だけもらって、帰ってきました。
費用は、薬代500円だけ。なんて良心的なんだ!
父ちゃんは濡れて大変でしたが、ま、よかったよかった。
kiki、おつかれさまでした。
心細かったね、よくがんばったね。

息子にケイタイメールで報告したら、すぐに返信が。
「安心しました。ありがとう」
ははは、まったくもう・・・。





船乗りとタコの友情   GONTITI
[PR]
by tobelune | 2014-09-02 03:50 | ねこ | Comments(0)

ねこねこ25

描き初めです!

ボールペンで、がしがしと・・・。
いい表情になりました。
今年も猫を、ばんばん描くのにゃ。

b0246533_0382221.gif







Puss in Boots
[PR]
by tobelune | 2014-01-02 00:41 | ねこ | Comments(2)

2014年元旦

あけまして おめでとうございます!
早々に「とべるね」を見てくださって、ありがとうございますー。



今年は、2種類の年賀状を作りました。
その1

b0246533_14114996.jpg


シンプルでしょう?
今年は良い年と、断定してる(笑)。





その2

b0246533_1414736.jpg


こちらは、絵本業界向けに作りました。
どちらが、お好みでしょう?



静かなお正月です。
これから、初詣に行ってまいります。






SONGBIRD   EVA CASSIDY
[PR]
by tobelune | 2014-01-01 14:30 | ねこ | Comments(2)

こねこがにゃ〜〜ん

昨夜おそく帰ってきたら、
家の前にいたんです。
こねこ。
と言っても、わりと大きくて。
人間でいえば、小6くらいな感じ?(笑)

b0246533_1322442.jpgこんなの。
基本が黒で、口まわりと足先が白い。
暗がりだったので、
黒い部分は、真っ黒なのか、
あるいはシマがあるのか判別できず。

ネコの絵を描いてるので、
つい、じっと観察。
するとコイツも見上げてくる。
目が合う。
「あ、やばい」と思う。

案の定、か細い声で
「にゃ〜〜」
ぼくのまわりから離れない。
迷いネコ?
人なつこい。

家に入ろうとすると、ついてくる。
「だめだよ、くるな!」
バン! と足音をたて、おどかす。
びくっと下がったヒョウシに、
ぼくの自転車に軽く当たる。(その辺が、子どもっぽい)

心をオニにしてドアを閉める。

「にゃ〜〜ん、にゃ〜〜ん」
小さい声がしばらく響く。

息子に話すと、
「飼えばいいじゃん?
 1匹も2匹もいっしょでしょ?」
一瞬、心がゆれる。
「そ、そんなこと言われても・・・」

いやいやいや。
そんなカンタンなこっちゃない。
ひとつの命を預かるのは、覚悟のいることなのだ。
うちは、kikiだけで十分だ。

いつしか声は、聞こえなくなった。

お風呂につかりながら、
「かわいそうだったかな・・・
 明日もいたら、飼うか?
 いやいや・・・」
なんとも心を揺すぶられながら、
眠りについたのだった。



一夜明けて。
こねこは、いないようである。
ほっとしながら、どこかさみしい。





春になれば
[PR]
by tobelune | 2013-03-24 14:03 | ねこ | Comments(0)

ねこねこ20

きょうのお昼は何かにゃ〜?

b0246533_1425674.jpg


やっと、20回まで来ました。
しかし、ネコは奥が深いぞ・・・。
まだまだ描き続けるのにゃ〜!






世界観。
時には昔の話を  加藤登紀子
[PR]
by tobelune | 2013-03-02 08:05 | ねこ | Comments(0)

この曲が好きなの?

一昨日、YouTubeで、これを見ました。
風の道  大貫妙子

そしたら、曲が始まったとたん、
それまでストーブでぬくぬくしていたネコのkikiが、
すっと机に上って、iMacの画面のまん前に座る。
そしてじっと画面に釘付け。
「おいおい、どうしたんだ??」
こんなことは初めてで、驚きました。

ネコが興味を持つような映像じゃないし、
この曲に何かを感じたのだろうか?
最後まで、じっと聴き入っていました。
「この曲が好きなの?」



そういえば、
道子ちゃんも大貫妙子さんが大好きでした。
一緒にコンサートにも行ったりしました。

まさかとは思いますけど・・・
でも、たまに、ぼくは考えてしまう。
道子ちゃんがkikiに乗り移ることがあるんじゃないか?
ってね。
笑いますよね?

そんなバカなって思うんだけど。
[PR]
by tobelune | 2013-02-17 08:08 | ねこ | Comments(0)

ネコの魔性?

真夜中にフト、眠りから覚めて。
薄暗い部屋の中で、テーブルの上にkikiの姿が浮かび上がる。
うちで飼っている白い猫。

ちょこんと座ったポーズで、耳をしきりにぴくぴく。
時々、口が開いて、閉じて。
また開いて閉じて。
が、声はない。
まるで、言葉を話す練習をしているみたいだ。

しばらく観察していたら、目が合った。
普段なら目が合えば「ニャ〜〜」と鳴くのに、ただ黙って
じっと、こちらを見る。
テーブルの上から、ぼくを見下ろしてくる。
暗くて表情がよくわからない。
つりあがった、まっ黒いアーモンドの目。
ひたすら黒い目で見下ろしてくる。
それがコワイ。

心を見透かされる気がして、背筋がぞぞっとした。
kikiじゃない、別の生き物みたいだ。
魔性のもの?
心臓が、どっどっと早くなる。
これは夢なのか?
夢を見ているのか?



あとは、分からない。
また眠りに落ちたのだろう・・・。
翌朝。
kikiは、フツウのかわいいネコに戻っている。
「ニャ〜〜〜ン」と甘えて来る。

あれは、ぼくの錯覚だったのだろうか?




リクエストにお応えして。
「お早ようございますの帽子屋さん」から「ねこの森には帰れない」
 谷山浩子
[PR]
by tobelune | 2013-02-14 08:01 | ねこ | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune