カテゴリ:えほん( 194 )

立体コツコツ

このところ、毎日のようにコツコツと作っているモノがあります。
小さな立体物。もう6個になります。

そもそも私は、立体を作るのは「超」がつくほど苦手です。
平面は得意なのに、三次元となると、あきれるくらい下手です。ほんと。
それが、なぜ、最近はまったかと言えば・・・



前から書いております、水面下で進めている絵本。
そのキャラのイメージを掴むために、実物を作ってみるといいんじゃないか?
そんなことを考えていた折に、ある日、画材屋さんでふと、粘土が目にとまる。
紙粘土のつもりで買って帰ったら、よくよく見れば、「石粉粘土」とある。
乾燥すると硬くなり、石質感が出るらしい。
へえー、知らなかったな、こんなの。

で、まあ、子どもに戻ったようなつもりで作り始める。
高さ数センチくらいの小さなモノなので、簡単かと思いきや。
小さすぎるのも、むずかしいもんだね・・・
大まかな形しか作れない。
あとは、乾燥させてから、カッターで削って形を整えることにした。

息子がシルバーアクセサリーをやっていたので、細工用のいろんな道具はあるのだが、
どれも使いこなせない。で、結局、普通のカッター(笑)。
最後に紙ヤスリをかけて整える。
アクリル絵の具で彩色して、完成である。

と、こう書くと簡単そうだが、こんな小さいモノに3日も4日もかかりました。
いやあ、大変だ・・・。
でも、それを持って散歩がてらに野原で撮影会をすると、これは楽しい!
ブログに載せたい気持ちで、うずうずしているわけですが。
いやいやいや。
企業ヒミツですから。絶対に載せませぬ。ご、ごめんなさい。

で、作家さんと編集者さんに見せたら、すごく気に入ってもらえて。
「ひとつ、ほしい!!」
なんて言われて、調子に乗って、また作っているのでありました。やはは。
(何度かやっているうちに、少しは上達したかも?)

確かに、立体を作ると、感じが掴める気がします。
手のひらに乗せると、コイツがしゃべりだしそうな雰囲気ですもん。
絵本作り・・・楽しくなってまいりました。




















*

[PR]
by tobelune | 2017-05-26 07:39 | えほん | Comments(0)

ラクガキ 23

b0246533_11190974.jpg



「はるかなる星にねがいを」
2月に描いた絵を今頃、やっとやっとのお披露目ですー。(一部、トリミングされています)
ある賞に応募していたため、公開出来ずにおりましたが、結局ボツになったので(笑)。

この絵、自分でもすごく好きで、スマートフォンのホーム画面にしています。
もちろん、左手で描いたものです。力入ってます。

ちょっと季節外れですが、許してね。ははは。








この絵には、この曲かな・・・













*

[PR]
by tobelune | 2017-05-12 11:34 | えほん | Comments(0)

ねえねえ買って〜

昨日のつづきです。

私が「上野の森親子フェスタ」に参加するのが遅れたので、
その前に、こんなことがあったと、作者の長井さんが話してくださいました。

b0246533_23255372.jpg

小学生の女の子が、「ポッカリをさがして」の表紙絵を見て気に入ったらしく、
本を手に持ってお母さんの元へ。
「ねえ、これ買って?」
「だめ、買わないよ。戻してきなさい」
で、戻ってくるが、女の子やはりあきらめきれず、また持って行く。
「ねえねえ、買ってよ〜」
「だめだって」

というのを、5回ほど繰り返したのだそうです。(がんばりましたね 笑)
とうとう、お母さんも根負けして、
「わかったわかった」
お買い上げくださったとのこと。えらいぞ、お嬢ちゃん!

「やっぱり、表紙って大事ですよね・・」
長井さん、しみじみとおっしゃってました。
そうかー、そんなに気に入ってくれたのかー・・・
その子に会いたかったなあ!

と言っていたら。
終わり頃になって、そのご家族がブースに寄ってくださる。
「あとで画家さんが来られると聞いていたので、また寄ってみました」と。
「あ、じゃ、絵入りのサインしますよ〜。ありがとうございます」
というわけで、気持ちを込めて猫の絵を描かせて頂きました。
(著者と画家のWサインに)
「また来てみて、よかったです〜」
と、お母さんも、女の子も大喜びでした。

うれしいなあ〜♡





















*

[PR]
by tobelune | 2017-05-05 07:25 | えほん | Comments(0)
行ってきました、上野の森親子フェスタ!
いつも夏日になるのが恒例でしたが、きょうは晴れても22℃と、わりと快適。
とはいえ、やっぱり暑く感じるのは、人が多いせいかも知れませんね(笑)。
上野公園は、もう、すんごい人出でした。

日本児童文芸家協会のブースで、「ポッカリをさがして」の本を著者の長井理佳さん
自ら売るというので、私も少しはお手伝いをしなくてはと・・・。
協会のみなさんは朝から準備して夕方まで、みっちりつめておられましたが、
私は午後2時すぎから参加しました。

「こんにちは〜。いらっしゃいませ〜。
 今なら、猫の絵入りのサインをします〜! きょうだけですよ〜!」
なんて呼び声を上げて。
本当に、この日だけのスペシャルなサインをしましたよ。
こんなの。
b0246533_21213882.jpg


これは、こういう絵の入ったサインをしますという見本ですが。
ミックス色鉛筆を駆使しております。
わざわざ20色入りの色鉛筆セットを持参。(これも、まあ、パフォーマンスのうち)
描いているところをスマホの動画で撮られたりしました。あはは。
小学生の子たちは、すぐ横まで来てじっと見ていたり・・。
子どもさんに絵を喜んでもらえるって、すごくうれしい!!

「好きな猫の色は?」なんて聞いたりして、
「アメショー(アメリカンショートヘア)」とか言われると、
それっぽくアドリブで色をつけたり。
あるいは、買ってくれる人のファッションを真似て、ピンクのボーダーの
猫にしちゃったり。
ノリノリでやってました〜♫

おかげさまで、早めに完売!!
もっとあれば、もっと売れたのにね(笑)。

直接、読者のみなさまとふれ合える、この感じ。
ああ、もっとやりたいなって思います。
本をもっと出して、「久保晶太先生のサイン会」って、どーーんと大きな看板を
出してもらえるようになりたいもんです。

うん。がんばろう。
帰宅して、ひとりで乾杯をしたのでありました。お疲れ〜!
幸せな一日でした。




















*

[PR]
by tobelune | 2017-05-04 22:07 | えほん | Comments(2)

じっちょりん

前々から「ほしいなあ」と思っていた絵本を、とうとう買いました!
「じっちょりんのあるくみち」(かとうあじゅ作 文溪堂)です。
じわりじわりと静かなブームを巻き起こし、
今や、春夏秋冬、4冊のシリーズになっています(すごいこと!)。
本作が春の巻で、デビュー作でもあります。



虫のような、妖精のような「じっちょりん」の家族。
彼らは、花びらや花粉を食べます。
でも花の種だけは食べないで貯めておいて、みんなで町のあちこちを歩きながら、
道の端っこや、コンクリの割れ目やらに蒔くのです。

アスファルトの道のすみっこなんかに、小さな花が健気に咲いていたりするのは、
「じっちょりん」の仕業だったのですね。
・・という絵本です。

けしてうまい絵ではないと思うのだけれど、伝わってくる絵です。
ものすごく伝わってくる。
「じっちょりん」が何者か、何の説明もないけれど・・・わかる。
ああ、こういう存在なのだなあと、誰にでもわかる。
そして、本当にいるような気がしてくる。

こういう絵本、作りたいなあって、しみじみ。
学ぶところの多い一冊でした。





















*

[PR]
by tobelune | 2017-05-01 17:09 | えほん | Comments(2)
久しぶりに、神田神保町に行きました。
「神保町にゃんこ堂」を覗くことが目的だったのです。
ネコの本ばっかりを集めた書店で、ネコ好きのメッカと言われているとか?

たしかに店内所狭しと、ねこの本、本、本・・・本当に「ねこ本づくし」でした。
思わず買ってしまったのは、
「ネコのお絵かき帳」・・・ネコの絵の練習帳とでもいうのでしょうか。
これでぼくも、ネコの絵が描けるようになる!?(笑)




と、ここまでは良かったのですが。
次に、せっかくだからと、「ブックハウス神保町」に寄ってみようと・・・
行ってみたら・・・お店のビル内が薄暗くてガランとして・・・
なんと閉店してました。ショック!!
(あとで調べたら、今年2月で閉店されたとか)
少し足を踏み入れる。
店内は、空になったセピア調の本棚が、当時のまま置いてあって。
真ん中には、読み聞かせをしていた空間がそのまま残っていて。
でも、本もない、人もいない。
まるで、ゆめの跡・・・

張り紙があって、
「5月5日より、ブックハウスカフェとしてオープンします」とありました。
カフェなんだ。
絵本も読めるカフェなのかな?

ここで、U先生と一緒に「あたしのサンドイッチ」の読み聞かせをした思い出が・・・
脳裏に浮かびました。
奥の小部屋で絵本原画展をやるのが、ぼくの夢でした。なのに。
なんということでしょう。

すごく淋しくなって、帰って来ました。
残念です。
ほんとにほんとに残念です。




街は変わる。人も変わる。
ぼくに出来るのは、精一杯、絵本作りに励むことだけです。
絵本の神さま、見ていてください。






「きょうはみんなでクマがりだ」














*

[PR]
by tobelune | 2017-04-17 21:22 | えほん | Comments(0)

水面下プロジェクト

まだまだヒミツの段階ですが。
水面下で、絵本の企画が動き始めました。

昨日も、作家、画家、編集者の三者会議がありました。
かなりユニークな絵本になりそうです。

う〜〜ん、何もここで書けないのが、残念です。
b0246533_15251303.jpg
まあ、この絵がヒントってことで。許してください。
何か変なモノを育てるお話・・かな?

とにかく、ワクワクが止まりません。
ああ、久しぶり。
面白い絵本が描けますように〜!!

また、ちょびっとずつ、報告したいと思います。お楽しみに。























*

[PR]
by tobelune | 2017-04-15 15:40 | えほん | Comments(4)

POPコピー

POP再考。
サラちゃんのセリフが長いので、もっと短く簡潔に。
ということで、こんな風になりました。

b0246533_14463549.jpg

うん。これでスッキリ。
短くて読みやすいし、文字も大きめになりました。
よかったよかった。

プリント出力してパネルに張り、自立するように工夫したいと思います。
B4の左右を狭めた感じになる予定。

人目を引けますように。





















*

[PR]
by tobelune | 2017-03-31 14:57 | えほん | Comments(0)

動き出す。

「POPを作ってください」
作家の長井理佳さんから依頼がありました。

毎年5月の連休に開催される「上野の森親子フェスタ」にて、
「ポッカリをさがして」を販売するので、目立つようにPOPを立てたいとのこと。
なるほど。私の得意分野です!

大きくしたいが、他の本もあるので、あまり場所は取れない・・
本を積んで、その後ろに立てるとして、本と同じ幅で縦長にデザインしました。
こんな感じ。
b0246533_00275754.jpg

サラちゃんが、道行く人に声をかけているイメージです。
(セリフは、まだ、確定ではありませんが)
こういうの作っていると楽しくて、時間を忘れてのめり込んでしまいます。
やっぱり、オレは基本、デザイナーなんだよなあ・・・。

5月4日に販売するらしいので、時間を調整して、顔を出すつもり。
まだ先の話ですが、この親子フェスタ、いろんなイベントがあったり、
絵本作家の講演があったり、いつも盛り上がるんですよ。
そして、絵本や児童書が割安で買えます!
くわしくは、こちら。

お時間がございましたら、ぜひ、おいでください。



というわけで、動き出しました。
三月病から抜け出す、良いキッカケを頂きました。
よしよし。




















*

[PR]
by tobelune | 2017-03-31 00:47 | えほん | Comments(0)

ラクガキ 22

b0246533_15040600.jpg
「きまじめな ちびねこ」
ラクガキにしては、私もきまじめに描きました(笑)。
こんな瞳で見つめられたら、テキトーに生きてる自分がはずかしくなります。





















*

[PR]
by tobelune | 2017-03-17 15:25 | えほん | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune