<   2013年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

「ポ◯カ◯」制作日記21

画材のつづき。



鉛筆画に欠かせないもの・・・
ねり消しゴム。
3B〜5Bの濃い鉛筆を使うので、普通の消しゴムでは、間に合わない。
(消しゴム自体が真っ黒になっちゃうよ)
ねり消しは、なんていうか、柔らかいパテみたいなもの。
鉛筆の黒を消すというより、吸着する。

柔らかいので、きゅっとつまんで平たくしたり、
とんがらせたりすると、細かい部分を消すこともできる。

例えば、草原を描くのに、
鉛筆で草を線描、さらにざざっと一面をうすく塗る。
(指でこすったり)
そのあとで、ねり消しを平たくし、
シュッと切るようにして色を取り去る。
と、草が光っている感じが表現できる。すごい便利!
(ホワイトを入れるより、お手軽)

b0246533_0345063.jpg



もひとつ、欠かせないのがティッシュ。
右手の下に敷く。
コレやらないと、手で鉛筆ラインをこすってしまい、
薄汚れてしまうのにゃ。
いくら気をつけても、やってしまう。
ティッシュは必需品。


画材は、こんなところかにゃ。
あ、ちなみに、紙はごく普通のコピー用紙だったりします。
わはは。


つづく





Bird and Cat  Gontiti
[PR]
by tobelune | 2013-06-29 08:10 | イラストレーション | Comments(0)

「ポ◯カ◯」制作日記20

とうとう20回ですー。

が、いまだ、連載開始日が確定しません。
7月下旬か、8月にずれ込む可能性もあるとのことで。
なんとも、じれったいです。



さて、現在25点めにさしかかりました。
物語の舞台が、とある猫の事務所にうつりまして・・・
当初、建物の外観デザインは練っていたものの、
中のインテリアは深く考えず、
ま、人間の家と同じ感じであろうと踏んでいた。

でも、よく考えるうちに、
「それはないか・・・?
 猫には猫の文化があるのかも?
 猫の事務所は、四角い部屋とはかぎらない。
 ドアも四角いとはかぎらないな・・・」
と、気づいてしまったのである。

さあ、大変だ。
建物がそうなら、テーブルもイスも、照明も、
ポットやカップにいたるまで、
全部、猫仕様に変えないといけないな・・・。

うわあ、これはうかつであった。


つづく!






彼と彼女のソネット  大貫妙子
[PR]
by tobelune | 2013-06-28 08:55 | イラストレーション | Comments(0)

「ポ◯カ◯」制作日記19

画材について。



鉛筆画で行くと決めてからも、あれこれ試しておりました。
コンテ鉛筆だの、木炭鉛筆だの・・・
よくわからないフランスの鉛筆とか(笑)。

でも結局、描きやすくて応用が利くのは、日本のでした。
フツウに売ってるウニ、じゃなくて、ユニ。

濃さも、いろいろやってるうちに、
3Bくらいが一番いいかなと実感しています。
あと、ビミョウな濃淡を出したい場合は、
色鉛筆のグレーを使ったり。(アメリカのカリスマカラー)



白黒のさし絵って、色でごまかせない分、
変化をつけるのに苦労するわけですが・・・
とても勉強になります。
そしてまた、自分に合っているかもと思ったり。

というのも、
ぼくは出発点がマンガ家志望でしたので、
やはり白黒の世界が基本なのですね。

原点に戻ってきたって感じ。


つづく!





a tempo  GONTITI
[PR]
by tobelune | 2013-06-27 09:26 | イラストレーション | Comments(0)

「ポ◯カ◯」制作日記18

「なんかちがう」センサー



昨日もさし絵を1点描くが、
「なんかパッとしない。なんかちがう・・・」
と、もうひとりの自分が言う。

う〜〜〜ん・・・

悪くはない。
が、ここまでの22点と比べてみると、
やっぱり、ツマラナイ。

ここへ来て、ちょっとマンネリか?

この感覚が大事なのだ。
「なんかちがう」で、
「ま、いいか」になってはいけないのだ。

やり直そう!!


つづく





Beautiful Days  Gontiti
[PR]
by tobelune | 2013-06-24 16:53 | イラストレーション | Comments(0)

大ボケ注意報

普段から、いろいろボケたこと、やってます。

が、最近とみに多い。
例えば。
自転車に乗ってきたのに、歩いて帰ったり(爆笑)。

書類をきっちり書いたつもりで提出したら、
半分以上、空欄があったり・・・。(おいおい)

どうかしている。

ぼく自身は、
「四六時中、絵のことを考えているせいだ」
と思うのだけど。
それも、ほんとはアヤシイ。

この夏、ますます大ボケを連発しそうな気配でアル。

まわりのみなさま、
ご迷惑おかけします〜。
どうか、笑ってゆるしてね。たはっ。





クール・コメディ  GONTITI
[PR]
by tobelune | 2013-06-23 14:12 | その他 | Comments(2)

「ポ◯カ◯」制作日記17

「なりきる」



現在、さし絵は22点仕上がりました。
ほぼ3分の1まで来ましたね。
内輪では「どれも表情がいい!」と好評です。

絵を描く人は、分かると思いますが・・・
笑顔を描くときは、にこにこしながら描きますし、
驚いた顔を描くときは、「えっ?」というビックリ顔を
何回もしながら描きます。
気持ちを同化させないと、なかなか描けないもんです。



ふと、小学生の頃のことを思い出しました。
国語の時間、たしか良寛さんの話だったと思うのですが、
先生に当てられて、
ぼくが教科書を読み上げました。

その日の帰り道、
仲が良かった市川くんが言うのです。
「久保くんの良寛さん、すっごいうまかったやん。
 ほんまにおじいさんがしゃべってるみたいやった!」

ほめられて、うれしかったなあ。
子どもの頃から、なぜか、「なりきる」のが得意でした。
演技というのとも、ちょっと違うような。
自然に、その気になってしまうというか。



そういう子どもっぽい部分を、ずっと持ち続けてきた・・・。
それが、今になって役に立つとは!
何が幸いするか、分からんもんやね。ははは。


つづく!





28  ゴンチチ
[PR]
by tobelune | 2013-06-22 08:26 | イラストレーション | Comments(2)

パート2

背景を塗る。
水彩で陰を塗る。
大きく手を動かして、ぐいぐい塗る。

小さなさし絵のはずなのに、
背景がやたら大きい。

汗をかくぐらい懸命に塗っていると・・・



目が覚める。
なぬ? 
またしてもゆめか〜〜!





ときどき聴きたくなる
share the moonlight  GONTITI
[PR]
by tobelune | 2013-06-20 08:03 | ゆめるね | Comments(0)

キンゾク疲労

ひところ、事故のニュースなんかで、
「金属疲労」って言葉を耳にしたこと、ありました。
丈夫な鉄なんかでも、長年使用するうちにもろくなり、
やがて突然ひび割れたりするんですね。


つい先日、うちの物干角ハンガーが壊れた。
ぽっきり、まっぷたつに折れた。
折れたのはプラスチックの部分であります。
けれど、毎日重い洗濯物をたくさんつるされて、
休む間もなく、疲れがたまったのだろう。
つまり、「勤続疲労」です。(うまいっ!)


人間も同じかと思います。
根を詰めると、ろくなことにならない。
なまけることも大事だよ〜♪





カエルとコオロギの合唱
[PR]
by tobelune | 2013-06-19 08:10 | その他 | Comments(0)

「かお」がいた!

久々に「かお」を見つけた。



b0246533_1454474.jpg


「いつもオンブしてくれて、すまないね」
「なんの、軽いもんよ」




花よ花よ  つじあやの
[PR]
by tobelune | 2013-06-18 08:02 | photo | Comments(0)

夢中で絵を描く

このところ、ちょい腰痛気味です。
うむむ。
長期戦は、体に気を使わないとなあ。



一生懸命、鉛筆を走らせる。
いい感じでヒロインが描ける。
動きのある絵。
「よしよし」
出来の良さにほれぼれしていると・・・



目が覚めた。
あれ?
ゆ、ゆめかよ・・・

ゆめの中まで仕事してるなんて!
すごいな、オレ(笑)。





Can't Smile Without You  Carpenters
[PR]
by tobelune | 2013-06-17 08:10 | ゆめるね | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune