<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ふりかえる

この一年をふりかえると・・・

「ポッカリをさがして」のさし絵制作が全てだったみたいで、
あとは空を飛んだことくらいで、
その他のことが何も思い浮かばない・・・。
こんな極端な一年は、初めての事だろう。



いつだったか、こんなことを書いた。
『絵を一枚描くごとに、進化できる気がする。
65点描けば、65段ステップアップ出来るってことだ』
本当にそうだ。
自分で言うのもなんだけど、レベルが別の次元に上がったと思うのだ。
それは、うまい下手の問題ではなく、
ひとつの世界を作り上げられるかどうか、という部分。
そして、読者を別の世界に連れて行けるかどうか、ということ。

やっと、その辺まで、ぼくは登って来れたのかも知れない。
少し自信が持てるようになった。



いつか、「ポッカリ」の原画も含めて、
猫の絵だらけの展覧会を開けたらいいなあと思う。
きょうも、これから、今年最後の猫の絵を描くつもりです。
ではでは。
この一年、お付き合いくださり、ありがとうございました!



(追記)
かっこいい絵ができたので、アップします。

b0246533_16422222.jpg






Diana Panton Jazz Vocal
[PR]
by tobelune | 2013-12-31 13:42 | イラストレーション | Comments(0)

冬のダイヤモンド

そうそう、昨夜、
あ、正確にいえば、きょうの午前1時頃ですが・・・
星空が、もう、めちゃくちゃキレイでした!
くっきりすっきり、実にクリア!

で、前に書いたように、まずオリオン座を探し、
そこから「冬の大三角」を見つける。
そしてそして、
明るく輝くシリウスから時計回りに、プロキオン、ポルックス、
カペラ、アルデバラン、リゲルと・・・

おおーっ! 確かに六角形が出来てる!!
これが、「冬の大六角形」か・・・
大いなる夜空のダイヤモンドを、はっきりと確認しました。
なんて、ゴージャス!
こんなすごいのを、今まで知らなかったなんて。

なんかもう、胸が一杯で見とれてしまって、泣きそうなくらいで、
橋の上で立ち尽くしておりましたよ・・・。






星に願いを  ビリー・ジョエル
[PR]
by tobelune | 2013-12-30 16:43 | ロマンやね | Comments(0)

音楽ベスト5 2013

この一年間に、ブログで紹介しました音楽の中から、
ベスト5を選んで発表します。
ちなみに去年のベスト5は、こちら。
なんとなく、感傷的な曲が多かったような?
さて、今年はどうでしょう?



まずは、第5位から。
5位・・・my blue heaven  shelley o'brien
私の青空。ほんと楽しそうに歌うよね。

4位・・・Moon River  Diana Panton
しっとり、いい感じ。

3位・・・青春の光と影  カッサンドラ・ウィルソン
「人生なんて本当によく判らない」

2位・・・We've only just begun  The Singers Unlimited
ハーモニーの美しさ。絶妙。

1位・・・Over the Rainbow  The PianoGuys
このクリアな明るさが、好き!



他にもおすすめ、いっぱいあるけど、
無理矢理しぼると、こうなりましたねー。

みなさま、良いお年をお迎えください。
[PR]
by tobelune | 2013-12-30 13:17 | その他 | Comments(0)
昨夜、知りました。
ぼくの大好きな、敬愛するフレデリック・バックさんが、
12月24日に亡くなったということ。
やなせたかしさんに続き、またしても大きな星が、
流れて消えていきました。


アニメーション「クラック!」や「木を植えた男」を
初めて見たときの衝撃は、忘れられない。
ひとつの、目指す星として、いつも憧れておりました。

まったく足元にも及ばないけれど、
ほんの少しでも近づいて行きたいと・・・
「ポッカリ」のときも、ずっと、そう願いながら描いていたし、
これからも、同じです。


ご冥福をお祈り致します。





フレデリックバックに寄せる想い   西村 由紀江
[PR]
by tobelune | 2013-12-28 08:07 | その他 | Comments(0)

かちり

日頃、カルシウム不足を感じたりして、
しばしば、「しらす」を買ってきます。好きなんです。
いわゆる「釜揚げしらす」ですね。
あつあつごはんにふりかけるだけで、美味しいよね。



先日も、スーパーのしらすコーナーへ。
と、パックに「かちり」と書いてありまして。
ん?
かちり?
なんのことだろ?

ぼくの出身地、兵庫県産のしらす干しです。
でも、そんな呼び方、知りませんでした。
関西では、「しらす」じゃなく、「おじゃこ」と呼びます。
「ちりめんじゃこ」とも言う。

もしかしたら、干し方の度合いで、
かっちり干してあるから「かちり」とか??
そんな推測をしながら買って帰りまして。

柔らかい釜揚げも美味しいけど、
固めの「かちり」も美味い。
味が、凝縮されている感じです。
小さなエビやカニの幼生も混じってたりするのが、うれしい。
最近のマイブームは、
たまごごはんに「かちり」をかけて食べること。
で、半分食べた頃、さらにキムチを足すのです。
美味い! 幸せだよ〜(笑)。


で、「かちり」を調べてみた。
あ、そのまえに、「しらす」と「ちりめんじゃこ」のちがい。
地方によって呼び方がちがうってことと、
釜揚げの柔らかめが「しらす」で、
干してあるのが「ちりめんじゃこ」という分け方もするらしいです。

で、ちりめんじゃこの中で、分類があり、
成長の度合いで「ちか」「かちり」「かえり」と3段階になるそうで。
「かえり」が、一番お兄ちゃん。

ちょっと、へえ〜!!でしょ?
おじゃこも奥が深い(笑)。



おじゃこを食べる時に、いつも考えることがある。
この一口で、何十匹の命を食べるんだろ?
ごはんも、一粒ずつが命だし、
人間って、毎日たくさんの命を頂いているよなあって。

だから、ムダにしないように、
しっかり生きて行かなきゃ!!って、いつも思う。





陽のあたる場所  MISIA
[PR]
by tobelune | 2013-12-27 10:32 | たべるね | Comments(0)

MISIA

やっとやっと、年賀状を書いております。
今回は、完成度高いよ〜!!
シンプルかっこいい!!(と自分では思う・・笑)
お楽しみに。


なんでかな?
毎年、今頃になるとね、MISIAを聴きたくなるんよ。
で、一枚だけあるベスト盤CDを回してる。
ん〜〜・・・いいねえ。

♫ 夢に花 花に風 君には愛を〜 ♪
つつみ込むように・・・
[PR]
by tobelune | 2013-12-26 13:15 | その他 | Comments(0)

冬の星座

寒〜い冬の楽しみは、なんたって夜空!
空気が冴え渡って、星が、ぴかぴかのキラキラです。
うれしくなっちゃうよね〜♪

とはいえ、今までぼくは、
オリオン座と北斗七星くらいしか、知りませんでした。
それではさみしいと思いまして、
最近少しずつ、星座を覚え始めたってわけです。

b0246533_12354815.jpg


基本は、一番見つけやすいオリオン座です。
四角の中に三ツ星のオリオン。
こいつを見つけたら、三ツ星のラインを左下にずーっと延長していく。
と、ひときわ明るい星がひとつ。
これが、おおいぬ座のシリウスですね。これも分かりやすい。

オリオンの左肩の赤味をおびた星が、ベテルギウス。
ベテルギウスとシリウスと、もうひとつ左の方に明るい星があって、
この3つで、ほぼ正三角形ができます。
この左のが、こいぬ座のプロキオンてヤツで、
この三角形を「冬の大三角」と呼ぶそうです。
ぜひ、見つけてみてください。すぐ分かります。

ぼくも、まだ、ここまでしか覚えてないんですが、
ここからさらに広げて、「冬の大六角形」てのがあるらしい。
「冬のダイヤモンド」とも呼ばれているとか。


星空を見ていると、こちらの気持ちも澄んでくるようです。
あったかい格好で、楽しみましょう。





冬の星座
[PR]
by tobelune | 2013-12-25 13:04 | ロマンやね | Comments(0)

どこまでも

昨日、夕方、こんなの見つけた!

b0246533_1550038.jpg


空に浮かぶ線路。
何が走っていったのでしょう?

せ〜んろはつづく〜よ♫ ど〜こまでも〜♪





Never Marry A Railroad Man  Shocking Blue
[PR]
by tobelune | 2013-12-18 16:05 | photo | Comments(0)

くまくまくま

今朝のゆめるね。



街角を曲がると、突然、外国の街並になっていて、
あれ? ここはどこ?
人が歩いていない、さみしく暗い通りである。
なんか、やばい感じがあるのだが、
異国情緒の物珍しさもあって、とにかく歩いて行く。ぼくは、ひとりだ。

また角を曲がると、道ばたにメルヘンチックなオブジェがあったりして、
なんだ? ディズニーランドっぽいな?
とか思いつつ、奇妙に曲がりくねった道を進む。

路上にクマが寝転んでいる。
進むに連れ、クマの数が増えてきて、こわくなる。
と、いつの間にか、ぼくは自転車に乗っていて、懸命にペダルを踏む。
早く、この場を抜け出したい。

と、自転車が浮き始めて、空中を走る。(E.T.か?)
これなら大丈夫・・・と安心していたら、
街路樹に登ってるクマもいて、いまにも手が届きそう。
もっと高く飛ばないと!
早くこぐと、少し上昇するようで、必死にこぐ。

木の上ぎりぎりを飛びながら、ふと、
「そうか、何も律儀に道の上を飛ぶこともないんだよな」
と気づき、道から左にそれて、川の上を飛ぶ。
これで、クマに捕まる心配はなくなった。

とうとうと流れる水の上を、自転車で飛んでいる。
少しスピードをゆるめても、平気だ。やれやれ。
清々しい気分で飛び続ける♪




う〜〜ん。久々の飛ぶゆめ。
実際にパラグライダーで飛んでからは、これが初めてじゃないかな。
自転車で飛ぶのも、初めてかも。
最後は楽しめたので、よかったー。ははは。





PUSS IN BOOTS
[PR]
by tobelune | 2013-12-02 15:50 | ゆめるね | Comments(2)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune