<   2014年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

さし絵をどんどん2

昨日の補足です。

おや? と思った方もいるかも知れませんが。
イラストレーターとして30年余りもやっていながら、
人の文章に絵をつけるのに自信がないって・・・
そりゃ変ですよね。ははは。

ぼくが言いたかったのは、
雑誌などのイラストレーションと、
絵本や児童文学のさし絵は、全く「別モノ」だよってことで。

雑誌などでは、ただ出来上がった文章をポンと渡されて、
この大きさで、こんな感じの絵がほしいと一方的に指示され・・・
しかも大抵、短期間で慌ただしい・・・。

そういうのに慣れてしまっていると、
子どもの本の仕事の、なんとていねいに時間をかけること!!
びっくりです(笑)。
そして、本当に長く残る良いモノを創ろうとすればするほど・・・
自信がなくなります。自分の未熟さが、こわい。

けれど、作家さんや編集者さんといっしょに、
ああしよう、こうしようと考えて作り上げていくことが出来るから。
共同作業の楽しさですね。
それがあるから、がんばれる。

うん、そういうこと。
だから、もっともっと、さし絵の仕事したいのだ〜〜!!





Dream  The Four Aces
[PR]
by tobelune | 2014-01-31 07:20 | イラストレーション | Comments(0)

さし絵をどんどん

「ポッカリ」のさし絵を描かせて頂いてから、
気持ちが変化しました。
それまでは、オリジナルにこだわっていた・・・
作も絵も自分で創りたいと、頑に考えていたのです。
全て自分でやってこそ、完璧なものになると信じていた。

それはでも、ウラを返せば、
人の文章に絵を付ける事に、自信がなかったのだと思います。
「ポッカリ」で、作家さんと組んでやる事の面白さを知りました。
今後は人と組んで、どんどん仕事したいと思います。
絵本も児童文学も!



先頃、ありがたい事に、老犬の物語の企画を頂きまして、
犬の絵を描く練習を始めております。
ネコのつぎは犬ですー(笑)。

ぼくは、どっちかといえば、ネコ派なのです。
でも、小学生の頃に犬(真っ白い雑種犬)を飼っていた事があり、しかも、
ちょっとせつない別れを経験したので、
犬に対する思い入れは、けっこう深いです。

犬の資料を集めたり、イメージスケッチをしたり。
わくわくの日々が始まりました。
また少しずつ、ご報告できればと思います。





DREAM  Manhattan Jazz Orchestra
[PR]
by tobelune | 2014-01-30 07:05 | イラストレーション | Comments(0)

おかあさあん

さっき本屋さんに出かけて、たまたま見かけて、買った本。
「だんだん おかあさんに なっていく」 おーなり由子

おかあさあん
おかあさあん
おかあさあああああん

よばれながら
わたしは
だんだん
「おかあさん」に
なっていく



おかあさんの詩集です。
でも、ぼくにもすごくわかります。
ストレートに伝わって来るものがあって。

絵といい、色といい、レイアウトといい、
ていねいな仕事だな・・・
って感じます。

これが、伝わるってことか・・・






Dream  Roy Orbison
[PR]
by tobelune | 2014-01-27 17:10 | ぽえむ | Comments(2)

気まぐれプリンタ

我が家のプリンタの調子が狂ってしまって。
色が変わって出て来るのである。
たしか5年くらい前にも、そういうことがあった。
コイツは、気まぐれプリンタなのである(持ち主に似たのか?)。

モノクロの資料写真をプリントしたら、
なぜか、セピア調のいい感じに印刷されて出て来た!?
そこで、ひらめいた☆
今までに描いた絵を、このプリンタで出したら、
思いもかけぬ渋い色調の絵が出て来るんじゃないのか・・・?

カラーで描いた絵をスキャンして、グレートーンに変えて、
そのデータをプリントアウトしてみた。
これです。

b0246533_2272087.jpg


なんか、良くないですか、これ?
この渋さ。外国の絵本みたいな(笑)。
こういう色調の絵も描けるといいなあ!!





Dream  Frank Sinatra
[PR]
by tobelune | 2014-01-25 07:53 | イラストレーション | Comments(0)

子持ちコンブ

朝、息子が仕事に出かけるとき、早起きして朝食を作るのは、
ぼくの役目です。一応、主夫なので。

先日、ご飯は炊いたものの、おかずになるものが無いのに気づく。
朝から揚げ物とかは、嫌だろうし。
(以前、朝からチャーハン作ったら、拒否された・・笑)
うむむ、困った。

ふと、フジッ◯の「子持ちコンブ」が目に止まる。
「これだ!!」
炊きたてごはんにコレをどっと入れて、混ぜる混ぜる。
手に塩をつけて、ちゃちゃっとお握りにしたら、うまいのなんの♡
コンブの旨味と、魚卵のプチプチ感!!
7、8個作り、そのうち2個だけをキムチ入りにした。
つまり、「当たり」を作ったわけです。あはは。
いつだって、遊び心を忘れない。

これは、久々のヒットでした。
簡単なのに、ほんと、おいしかった。
またいつか、やってみよう。





Dream  The Pied Pipers
[PR]
by tobelune | 2014-01-24 07:20 | たべるね | Comments(2)

化け狐

昨日のゆめるね。



そこは、ホテルのような場所で、吹き抜けの階段がある。
下の階には義父が立っていて、
「あ、お父さん!」
ぼくは階段を下りようとする。
と、「コーーン」という鳴き声が、何回か聞こえて。
「きつね??」と耳を澄ましていると、
どこから来たのか、大きな狐が現れた!!
体長3mはあろうかという、でっかい化け狐である。

リアルな狐というよりは、絵に描いたような姿で。
(日本画のような? どこかで見たような・・?)
お父さんがあぶない!
だが、あまりの大きさに、足がすくむ。
丁度、すぐそばに犬がいるのに気がつき、けしかけるが、
あっという間に蹴散らされた。
怖くて、背筋がぞぞっとする。
しかも、1匹だけではないようなのだ。他にも声がする。

これは、退治するのは無理だ。
となれば、なんとか友好を結ぶしかあるまい。
ぼくは、そう考えながら階段を下りていく。



そのあとは、よく覚えていない・・・。
どうやって仲良くなったのやら??
歌でも歌ったかも知れないけど。分からない。
とにかく怖くて怖くて・・・
目が覚めてからも、化け狐の姿を思い返すと、
ぞくぞくっと背筋が凍る思いだった。

布団の中で、ぶるぶるぶるぶる。
怖いのか寒いのか、よく分からない状態であったのだ(笑)。





こんなのだったら、可愛いけどね。
仲良しな野生のキツネと犬
[PR]
by tobelune | 2014-01-23 10:05 | ゆめるね | Comments(0)

南天

ある雑誌の目次のカットです。
毎月、季節の花を描いていきます。
1月は、南天。

b0246533_11101429.jpg


結婚当初住んでいた家の玄関脇に、南天が植わっていました。
あまり実はつきませんでしたが、葉っぱだけでも、
深い緑から紫っぽくなり、赤くなりして、美しいものでした。

料理が、いまひとつ地味な色でぱっとしないとき、
道子ちゃんは、南天の枝先をもらってきて、お皿に載せ、
彩りを添えるのに使っておりました。

そんなことを思い出しながら、描きました。






Annie's Song  John Denver
[PR]
by tobelune | 2014-01-22 11:27 | イラストレーション | Comments(0)

人物スケッチ

「人間を描くのは、むずかしい」のつづき。

それは、正直なところであるけれども。
むずかしければ、練習する。
プロとしては、それが正しいよね。
というわけで、スケッチしてみたのです。



b0246533_2114502.jpg



バスを待って並んでいる女性10人。
なぜ、女性か?
男は、描いてて面白くない・・・
というのは、冗談です。(いや、半分ほんと?)
ある仕事で、女性の後ろ姿を描くので、その練習で。

さて、ここで問題です。
この10人を、年齢の若い順に並べかえてください。
さあ、わかるかなあ?







"On The Sunny Side Of The Street"  The Manhattan Transfer (2008)
[PR]
by tobelune | 2014-01-20 07:08 | イラストレーション | Comments(4)

空色の実験2

空の表現のつづきです。

b0246533_12521027.jpg


これも水彩紙にロウソクを転がしたり、
クレヨンみたいにクリクリ描いて、色を弾かせたものです。
ただの青空じゃつまらないので、ムラサキを入れて変化をつけてみた。

むずかしいのは、
ロウソクは透明なので、描いた線が見えないこと。
どんな絵になったか、色をつけるまで分からないのだった。
それはそれで楽しいのだけど・・・。

もっといろんな色を使って、可能性を試してみたい。






Lucy In The Sky With Diamonds  Beatles
[PR]
by tobelune | 2014-01-19 13:06 | イラストレーション | Comments(0)

人間はむずかしい

先日、作家さんに、
「動物は描きやすいけど、人間はむずかしいと、画家さんに
 聞いたことがありますが、そういうものでしょうか?」と聞かれて。
「はい、やっぱりそうですよね。
 人物は一番むずかしいです」と答えました。
でも、なんでだろう?
よく考えてみれば、なんでむずかしいのか・・・。



う〜〜〜む・・・
動物だって、ちゃんと描こうとすればむずかしいけど、
ゴマかしが利くってことかなあ。
例えば、キツネの足がどんな風になっているか、なんて
普通は知らないし、少々変でも誰も気がつかない。
そこへいくと人間は、ちょっと足の曲げ方が変だったりしたら、すぐわかる。
デッサンの狂いは、すぐばれる。
なので、気を使うことになります(笑)。

あと、人の顔には、人それぞれ「好み」があるので、
かっこ良く描こうとするとむずかしいって事なのかも。

あ、手がむずかしいってのもあるか。
人間の手の指は、複雑でむずかしいんだよねー。
画家のうまい下手は、手を見れば分かる。



そんな感じでしょうか?
絵を描くみなさん、どう思われます??






人間っていいな
[PR]
by tobelune | 2014-01-18 13:22 | イラストレーション | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune