<   2014年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

元気の出る曲♪

桜が咲き始めましたね。

さ〜て、そろそろ気分一新して、
また、がんばろ〜〜〜〜〜!!

というわけで、
元気の出るこの音楽、この映像を!

Que Sera Sera  Hermes House Band

訳詞は、こちら。
[PR]
by tobelune | 2014-03-29 15:22 | その他 | Comments(0)

ホーホペチョ♪

昨日から、ぐっと春めいてきたせいか、
どこか近所から、うぐいすの声が聞こえてきます。
神社の杜からなのかな?
まだ練習中といった感じの鳴き声です・・・



ホー ホペチョ♪
ホー ホロチョ♪

うん・・・なんか ちがうな?

ホー ホケヘヒョ♪ ホロキョ♪
ホホー ホポヒョ♪

こんなんだっけ?
先代は、もっと伸ばしていたような?

ホ〜〜〜 ホポキョ♫

うん、近いような気がする・・・

ホ〜〜〜〜 ホケヘチョ♪

あ、「ホケヘチョ」も、ありだな(笑)。
オレらしさが出てるかも?

どんな彼女に出会えるかなあ。
う〜〜 どきどきだぜ。

下手でも、楽しく歌えばいいんだよな?
いっしょうけんめいな あなたがステキ♡
なんちゃってよ〜〜

キョキョキョキョキョキョ(テレ笑)






It's Magic  Doris Day

訳詞は、こちら。
[PR]
by tobelune | 2014-03-26 13:58 | 笑えるね | Comments(0)

アイルランド田舎物語3

この本の原書は、アイルランドで空前のベストセラーになったそうです。
古き良き時代のアイルランドの暮らしが、こと細かく描かれていて、
それが、人々の共感を呼ぶのでしょう。

この仕事をしたときに、
「少なくともこれで、ぼくが生きて来た意味は、あったよなあ」
なんて考えたことを覚えております。ははは。



b0246533_15183341.jpg




b0246533_15185741.jpg



1994年の出版でした。
まさに20年前、40歳のときでした。
とても良い本なので、ずーっと残っていてほしいです。
カラーインクで描いた表紙の原画も、どこかに残っているはずですが・・・
またそのうち、ひょっこり出てくることでしょう(笑)。





Can't Help Falling In Love  Michael Bublé
[PR]
by tobelune | 2014-03-26 07:07 | イラストレーション | Comments(2)

アイルランド田舎物語2

このアイルランドの本は、
中垣信夫さんが装丁デザインを手がけています。
(一流の大先輩デザイナーです!)
すごく緊張して、打ち合わせをしたものでした(笑)。
ぼくが40歳の頃でした。

b0246533_342495.jpg


これは、牧羊犬かな?
こんな絵を描いていたのですね・・・忘れておりました。
竹ペンの線は、メリハリがあっていいですね。






Dream  Michael Bublé
[PR]
by tobelune | 2014-03-25 11:31 | イラストレーション | Comments(0)

アイルランド田舎物語

部屋の整理をしていたら、昔の作品が出て来た。
「アイルランド田舎物語」という本のさし絵に使われたもの。
(ちなみに、このシリーズ4冊は、表紙の絵もぼくが描いています)

たとえば、こんな風景とか・・・

b0246533_20523585.jpg


キャンバス紙に竹ペンで描いています。
そのあと、うす墨を塗って、さらにダーマトの黒で影をつけている。
アイルランドなんて行ったこともないのに、
少しの資料写真と、あとは想像力で描いておりました・・・。

出版パーティーのときに、アイルランドの方々もいらして、
「実際に向こうへ行って描いたのですか?
 とても感じが出ていますね」
とほめて頂けて、ほっとしたのを覚えています(笑)。

なつかしい。
竹ペン、またやってみようかな?






Dream A Little Dream of Me  Doris Day
[PR]
by tobelune | 2014-03-24 21:08 | イラストレーション | Comments(0)

ゆっきちゃん

むかし、気仙沼のまちに、
「ゆっきとあっき」という めんこい姉妹がおりました。
まだ学校にも行かない小さなふたりは、
近所の道子姉ちゃんといっしょに浜辺におりて、
よく遊んだものだったそうです。


と、昔話風に始めちゃいましたが(笑)・・・
3月20日、命日の夜、
道子ちゃんの親戚の「ゆっき」ちゃん(お姉さんの方)から、
メールが届いたのです。


現在宮崎に住んでいるのですが…
今日、六ヶ月の息子と近所の児童館に読み聞かせを聞きに行きました。
そこで、「あたしのサンドイッチ」という絵本をボランティアさんが読んでくれました。
作者が久保さんという名前だったので、
なんとなく気になってインターネットで検索していたら…お顔が!

そして、ブログを拝読したところ、今日は道子姉ちゃんが天国に行った日でした…
すごくびっくりして、こうして思わずメールをしています。
私に息子が生まれたことを察知して、絵本に出会わせてくれたのかもしれません。
今度は買って、読んで聞かせます。



なんということでしょう。
こんな偶然って・・・!
本当に、道子ちゃんが引き合わせてくれたのかも知れないなあ。
たまたま「あたしのサンドイッチ」を読んでくれるなんて。
不思議だよねえ・・・。


懐かしさでいっぱいです。
ぼくが「ゆっき」ちゃんに初めて会ったのは、彼女が小学校に上がる頃
だったように記憶しています。とても明るくて素直な女の子でした。
それが、今や、お母さん!
すごいなあ。なんか、感動しちゃいます。


絵本は、こんな小さな奇跡も起こすんだねえ・・・。







Dream a Little Dream of Me  barbershop & piano
[PR]
by tobelune | 2014-03-22 19:15 | その他 | Comments(2)

あれから12年

もう二度と会えなくなった

あの日から 12年

ぼくは 変われただろうか



変われたと思い

変われないとも思う

振り子の中で生きている



まるで

ボタンのとれたシャツだよね

せめて

正直に生きたいと願う







What A Wonderful World  Michael Buble
[PR]
by tobelune | 2014-03-20 08:58 | ぽえむ | Comments(0)

歌をくちずさみながら

いつからそうなのか、よくわからないけど・・・
ひとりでいる時に、鼻歌を歌っている自分に気づく。

流行の歌ではなくて。
このブログで紹介しているような、オールディーズ・・・
というか、スタンダードジャズなのかな?
たとえば、
Nature Boyとか、On The Sunny Side Of The Streetとか、
そういうのを、くちずさんでいます。
もちろん、歌詞はテキトーです(笑)。

家の中だけではありません。
道を歩いていても、いつの間にか、無意識に歌っているのです。
自分では、人には聞こえないように、
ごく小さい声で歌っているつもりなんですが。

どうも、調子が出て来ると、声が大きくなっているらしくて。
すれ違う女性が、振り返るときもあり・・・
ハッとするのですが、そこで止めるのもおしいので(わはは)、
知らんぷりで歌い続けます。
ステップまで踏んだりして(爆)♪







最近は、これも歌います。
Dream a little dream of me  Charles Pasi
[PR]
by tobelune | 2014-03-15 13:47 | その他 | Comments(0)

ひっぱられる〜

今朝のゆめるね。



ひとり、バスに揺られている。
どこかの地方都市を、バスは走っているようである。
窓から流れる景色を見ながら、ほっとしている自分がいて。
何かの帰りといった風情である。

見覚えのある街並になり、
ああ、ここまで来れば、もう少しだなと安心する。
ところが、にぎやかな人波を見ているうちに、
いつの間にか、自分も道に立っているのだ。
あれ?
いつバスを降りたんだっけ?
変だな・・・バスに乗ってないと帰れないぞ?

あわてていると、お腹のあたりにグリーンのネットがくっついているのに気づく。
ミカンなんかが入って売ってる、あのネットみたいなの(笑)。
急にぐん!と、身体ごと引っぱられる。
グリーンネットは、長く続いていて、
どうやら、バスとつながっているらしい。命綱みたいなもんか!?

ぐいぐい引っぱられて、ぼくは走り出す。
あ、あぶない!
足をバタバタさせて、かろうじてガードレールを飛び越え、車道に飛び出す。
その勢いで、空中に浮き始める。
まるで、凧になった気分だ。
道行く車やバイクの上をスレスレでかわしながら、飛び続ける。

長〜く延びたネットの先を見るのだけれど、バスの後ろ姿は、見えない。
よほど距離が離れてしまったらしい・・・。
何百mも先にいるのか?
このネットは、切れたりしないのだろうか?
このままずっと、この状態で付いて行くのだろうか?

道路のすぐ上を飛ぶのは、あまりうれしくない。スリルありすぎ!
バイクのおじさんが、こっちを見てる。
「すみませ〜ん」とか言いながら、その頭上をかすめて行く。
車もどんどん追い越して進む。

さっきより早く飛んでいる?
バスに戻るために、少しずつ加速しているのかな?
ネットが縮んで行ってるのかも知れない。
よし、この調子でバスに追いつけるのなら、ありがたい。

だが・・・まてよ・・・?
このまま加速して行ったら・・・バスに追突するんじゃないか??
どどど、どうしよう?
どうしよう〜〜〜っっっ??!!



こわくて、目が覚めた。
ああ、ゆめかあ・・・ぷっ、あははは、変なゆめだ〜。
こういうの見ても、ゆめだって気づかないのが不思議だよねー。





Dream a Little Dream of Me  Michael Buble
[PR]
by tobelune | 2014-03-14 15:21 | ゆめるね | Comments(0)

Tシャツのつづき2

日曜の夜、息子がTシャツ用の絵を修正したいというので、手伝う。

プリントアウトしたものにペンで手を加えて、さらにスキャンする。
確かに、その方がやり易いのだったが、
何度もスキャンをくり返すと、当然のことながら、
原画より荒くなるのです。
コピーしたものをさらにコピーすると、画像が荒れてきますよね。
あれと同じです。

で、よく見ると、やはり線描がギザギザしてしまっている。
息子いわく、
「あまり線がキレイすぎるのもイヤなんだけど・・・
 でも、どうかなー? まあ、これでやってみるかなー・・・?」

なんか、思い通りじゃないのに妥協しようとしてる風に見えたので、
「いや、これはちょっと、よくないだろ?
 こっちのデータで、パソコン上で修正してみたら?」
とやり直しを勧める。

Photoshopで修正して、いい感じになったところで、
文字と組み合わせてみる。
「うん、いいんじゃない?」
こうやって文章にすると早いが、この間、2時間以上かかっている。
じっくりつき合うのも大変であるが、良くなってほっとしました。

モノ作りの最大の敵は、
「ま、いいか」
この言葉かも知れないな・・・。





Pass Me The Jazz  The Real Group
[PR]
by tobelune | 2014-03-12 11:13 | その他 | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune