<   2016年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「くるくるです。昨日のつづき。
なんで、編集者さん、そんなにキンチョーしはるんでしょ?」
「くりゅくりゅです。それはやね、せっかく来てもらうのに、ただパパッと作品を
拝見してーーーま、大抵の場合、すぐ採用なんて事はないワケでーーー
うちでは難しいですねとお断りする場合、そのまま帰ってもらうのでは、
申し訳ないと・・・」
「それで?」
「やはり、少しでも来て良かったと思っていただきたいと・・・
なので、何か、有意義なことをアドバイスしなくては! という、
プレッシャーが、すごくあるんだそうです」
「あー、なるほど」
「作品を読む、わずか5分や10分で、的確かつ有用な助言をするというのは、
もう、至難の業であると・・・」
「そら、必死やろな? 頭フル回転!(笑)」

「そんで、胃が痛くなるんやて。無理もないやろ?」
「持ち込む方も、ガチガチやけどな(笑)」
「な? 相手も同じガチガチやと思えば、ちょっと気がラクになるんとちゃう?」

「編集者さん、そこまで気を使ってくれてはるとは・・・」
「ほんまに、すごい」
「今まで、こっちは「アウェイ」なので、どうしても弱気になってたんやけど。
くじけそうな時、向こうも内心ドキドキなんやと思い出したら・・・
うん、ちがってくるかもしれへんワ」
「うんうん」
「くりゅ、ええ話やんか!」
「そやろ? みなさん、売り込み、がんばりましょ〜!」
「ところで、くりゅ?」
「はい?」
「オチは、ないのん?」
「あ、え? ちょ・・どう・・?」
「ツメが甘いな」

チャンチャン♪


























[PR]
by tobelune | 2016-02-28 08:08 | えほん | Comments(0)
「くるくるです」「くりゅくりゅです」
「二人合わせて、くる&くりゅでーーす!」
「ここんとこ、出番多いね。人気者やな。また、会議なん?」
「ちゃいます。きょうは、売り込みについてのお話」
「あ、新聞に入ってるアレやね?」
「それは、折り込み」
「刑事さんが、電柱の陰でアンパン食べてる・・」
「それは、張り込み」
「え〜と」
「もうええから。絵本作品を出版社に持って行って見てもらう、
あの売り込みですやん。わかってるくせに」
「あはは、あの売り込みね。あー、アレは、いつ行ってもキンチョーします。
どんなに自信があっても、出版社に入ったとたんに消えてしまうねん(笑)」
「そやろ? それでな、こんな話を聞きましてん」
「どんなん?」
「ある編集者さんから聞いた話。
作品を見て下さいと電話が来て、では何日にと約束しますやろ?
当日になると、もう、朝からソワソワ・・・
時間が近づくにつれ、胃が痛くなるんやそうです」
「そ、そんなに?! 見せてもらう方も、そんななん?」
「そう、実は、編集者さんの方も、大変キンチョーしてるわけです。
知らんかったやろ?」
「初耳です。へえ〜〜?」

つづく
























[PR]
by tobelune | 2016-02-27 13:13 | えほん | Comments(0)

展覧会での再会

ひと月前の1月24日、展覧会に小学生の姉弟が来てくれました。
KちゃんとTくんです。ぼくは、ちょっとドキドキしました(笑)。
その話を書いてみます。



2年前の夏、「本はどうやって作られるか」を自由研究に選んだ女の子の話を
書いた事がありました。1人の少女のために、3人の作家と1人の画家が集って・・
なんというゼイタクな自由研究!! なんて書きました。
そのときのKちゃんが、お母さんと弟くんと一緒に来てくれたのです。

久々の再会。Kちゃんは、6年生。もう、この春には中学生です。
照れているのか、ちょっと大人しい。
弟のTくんは、4年生くらいかな? おにぎりくんの絵を描くのが得意というので
感想ノートに描いてもらった。4コママンガを描いたりしてるとか。
へえ〜、やるな。

絵を見てもらった後、お菓子とお茶でおもてなし。
Kちゃんの、あのときの自由研究は、学校で賞をもらったのだとか。
さらに地域のコンクールでも賞をいただいたのだそうで・・・
「すごいね、見たかったな〜!」
思わず、そう言ってしまった。あはは。
きっと、まとめ方がうまかったのじゃないだろうか。

弟のTくんの自由研究も、なかなかにユニークで、
「足のない生き物は、どうやって移動するか」を研究したらしい(笑)。
「カタツムリをつまんでウラを見ると、細かく横線が入っているんだよ」とか、
「カタツムリは(移動が)意外に速くて、ちょっと目を離してると、
もうこんな(遠い)所に行ってるんだ」とか。笑わしてくれる。
かわいいなあ。

小さなスケッチブックに描いた、絵本のミニラフを二人に見せた。(特別に)
ウサギが空を飛びたくて、傘をさして屋根から飛んだり、
いろんな努力をするが、ことごとく失敗して落ちるというコメディ。
まだ途中までの未完成な絵本だったが、けっこう笑ってくれたので、ほっとした。
子どもの笑い声は、パワーもらえるなあ!!



後日、お手紙が届く。
Kちゃんからの手紙には、「ポッカリ」の絵が描いてあった。
楽しんで読んでくれたんだね。うれしいなー。
Tくんの手紙には、おにぎりくんの4コママンガが並んでいて、笑える。

なんでも、展覧会の帰りに、さっそく小さなスケッチブックを買ってもらって、
絵を描いたり、マンガを描いたりしてるんだそうな・・。
うん? つまり、ぼくの影響を受けたってことなのか?
おやおや、これは・・・
ぼくみたいな、へなちょこ人間が、子どもに影響を与えるなんて。
うわあ。(うれしいような、コワイような)
これは、ちょっと、へなちょこなりに、ちゃんと生きてかないといけませんね。
なんて考えている次第。
























[PR]
by tobelune | 2016-02-24 15:11 | えほん | Comments(0)

絵本会議011

「くるくるです。あれ? もう会議は終わったんとちゃうの?」
「くりゅくりゅです。ひとつ、忘れてましてん(笑)」
「何を忘れたん?」
「絵本の制作スケジュールですね、夏までの」
「そんなん、どうでもええやろ?」
「いやいやいや、大事でんがな」
「出ました、大阪人の行進! 
(両手を振りながら)でんがなまんがな、でんがなまんがな♪」

「予定立てても、その通りに行ったことないで?」
「ええから。ここで発表したら、頑張れるかもしれんやろ?
はい、大まかに、こんな予定だす」
「だす?」



2月 ストーリーを煮詰める(文章作成)

3月 絵本ラフ(サムネール)

4月 二次ラフ(原寸大、または近い大きさ)

5月 本番制作

6月 本番を仕上げる

7月 冷却期間(半月くらい)後、見直して、気になる所を調整

8月 完成、カラープリントで応募!



「なーるほど。これ、出来たらスゴイな・・」
「人ごとか?!」
「くりゅ、頑張ってな?」
「ぼくら、二人で一人なんやって! 一緒にやるんやで?」
「よっしゃ! 郵送は、オレがやったる!」
「そこかい? もうええわ」

チャンチャン♪










(追記)
くる&くりゅの絵本会議は、今後も突発的に開かれるかも知れません(笑)。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

















[PR]
by tobelune | 2016-02-20 08:10 | えほん | Comments(2)

展覧会での出会い

もう、例の展覧会から、ひと月近くが過ぎました。
その後の話を少し。

会期中に、品の良いおばあさんがお二人、おいでになりました。
グループの中の一人を訪ねて来られたのですが、あいにく、その方が不在で。
その場にいた数人で、お茶を入れ、お話を伺いました。
と、お一人は、千田文子さんというお名前で、
児童文学の作家さんだとおっしゃるではありませんか。
名刺交換をさせていただきました。

展覧会後、お礼状を差し上げたところ、丁寧なお返事をいただきました。
それが、なんと、とら猫の絵が入ったハガキだったのです。
その絵がとても魅力的で、しかも、千田さんの著書の挿し絵らしいのでした。
さっそく検索してみましたら、ありました。

「とら猫タムの月祭り」作・千田ふみ子 絵・はまだようこ
とても興味をそそられ、これも何かのご縁とも思い、アマゾンで注文し、
昨日届いて読みました。
なんとも、ふうわりふうわり、夢の中を漂っていくような、お話でした。
ざっくり描いた風な挿し絵もまた、不思議さを後押ししているようです。
そうか、こういう方法もあるんだ!
スリルとワクワクの冒険物語なのに、どこか淋しさも入り混じっていて、
読み終わると、夢からさめたばかりの、あのせつない感じが残りました・・・。

良い本に巡り会えました。
もう一度、じっくり読みたい。味わいたい。
そしたら、ご本人にもご報告しなくては、と思います。

























[PR]
by tobelune | 2016-02-19 00:44 | えほん | Comments(0)

敬語スキルアップ2

敬語を意識するようになって、少しずつ、まともになって参りました。
何よりもまず、相手の方に対する「敬意」ーーこれが無ければ、始まりません。
敬意あっての敬語です。
ところが、その逆もありまして。
敬語を使っているうちに、より相手を敬う気持ちになってくる事も、
確かにございます。「カタチから入る」のも、アリなのですね。

とは言え、まだまだ道は遠く・・・
先日、こんな失敗がございました。

Aさんが、先に部屋に入って行きました。
そのあと、Bさんがやって来て、私に尋ねました。
「もう、(Aさんは部屋に)行ってますか?」
私は、とっさに答えました。
「はい、行かれました」

「イカレました?」これまた、妙な敬語でした。
まるで、頭がイカレてるみたいです(笑)。
ああ、また失敗。がーーーん!

正解は、
「はい、いらっしゃいました」
「はい、お見えです」
などでしょうね。
落ち着いて考えれば、なんという事もないのですが、
とっさに出て参りません・・・まだまだ、修行が足りませぬ。
もっと精進いたします。

失礼いたします。ありがとうございました。


























[PR]
by tobelune | 2016-02-17 14:40 | その他 | Comments(2)

絵本会議010

「くるくるです」「くりゅくりゅです」
「二人合わせて、くる&くりゅです!」
「久々に、ちゃんとやりました。絵本会議も、もう10回め」
「絵本大賞に向けてやりたい絵本、コンセプトは固まってきました」
「なあ、そろそろ、仮にでもええから、タイトルをつけましょか?」
「ええね」
「こういうのは、くりゅの方が得意やろ。決めて」
「じゃあ、キャラクターの名前から、「○○○と☆☆☆」で、どう?」
「出ました、伏せ字(笑)! 仮題でも、コレ?」
「仮題が、そのまま本番になる可能性もあるしね」
「もうちょっと出してあげて?」
「ほんじゃ、「ヒ○○とア☆☆」で。これで精一杯です」

「これ、ヒーローとヒロインの名前なんやね」
「そうです」
「人間なん?」
「いや・・人間だと、生々しすぎると思うんで。ネコかな?」
「やっぱり、ネコで行きますか」
「この子、使ってみたい気持ちが強いんで・・」
b0246533_14362209.gif
「ああ、この子、ええよね。たしか、トーラって名前やったと思うけど?」
「そう。トーラです。けど、今回の役の名前は、ヒ○○なんやね」
「あ、そういうこと? 役者さん?」
「そうそう」
「そうすると、ア☆☆の方は?」
「こっちは、まだ、決まってません。これから」
「なるほど。この二匹の出会いから生れるファンタジーであると・・・」
「おっと、これ以上はもう、しゃべらない方がええかも」
「あれれ、そうなん?」
「はい。絵本会議、ひとまず、ここで終了とさせていただきます〜。
長いこと、つき合って読んでくださって、ありがとうございました」
「ここから面白くなりそうやのに」
「秘すれば花、って言うやん」
「あとは、絵本になるまで待てと・・」
「はい」
「ならんかったら?」
「オイ!(ビシッ) なるから!!!」
「キャッホ〜❤︎は寝て待て」
「果報は寝て待て、やろっ」

チャンチャン♪

























[PR]
by tobelune | 2016-02-16 15:32 | えほん | Comments(0)

絵本会議009

くりゅくりゅ「どういう絵本にしたいんかなあ?
もうちょっと、具体的にして行きましょ。どんなんが理想?」
くるくる「そうやね・・まず、悲しみをストレートに表現するのは、
やめておこうと思う。できれば・・ファンタジーがええね」
「理想は、ファンタジー!」
「そう、そんで、やっぱり笑いが欲しいよね、どうしても」
「笑いあり、涙もありの・・」
「描きたいのは、奇跡の物語かな」
「キセキ、ですか?」
「うん。そんなこと、ありえへんやろ? ってツッコミながらも、
だけど、そうだったらええよなあ! って思えるような、そういう物語」
「わかるような、わからへんような(笑)」

「なんか、ぼくばっかりしゃべってへん?
くりゅも、もっとしゃべり? 言いたいこと、あるやろ?」
「うん、えーと・・・誰のために描くかっていう話、してもええ?」
「ほう? 誰のため?」
「絵本って、基本的には、子どものために作ります」
「ま、基本はね」
「今回はね、大人の絵本にしたいかなって・・」
「大人の絵本? なんか、エッチ(笑)」
「ちゃうわ! 何考えとんねん? そっちじゃなくて・・」
「あ、ごめん、わかってますやん」
「もう・・」

「悪かった。つづけてください」
「大人のために・・・ていうか、大人とか子どもとか関係なく、
愛する者を失った人のために・・いや、なんか違うな・・・そんな大げさな
ことでもなくて・・・結局は、自分自身のために作る、のかな?」
「ああ、わかるよ」
「自分が救われるような絵本を、自分で作る。そんな感じ」
「うんうん。それでええと思う」

「今までね、絵本ラフを作った段階で人に見てもらって、感想を聞いてました。
あれ、もうやめようと思うねん」
「ほうほう」
「自分の作品を人の感性にゆだねて、どうするん?
自分ですべて決めて、完成まで持って行く方がええに決まってるねん。
そう思わへん?」
「はい、その通りやと思う。人に聞くのは、自信がない証拠。
自分の感性を信じろって話です」
「今回は、最後まで自分の中で完成させましょう。自問自答して作る。
そのために、ぼくら二人がいるわけやし(笑)」
「そうやったんか?!」

つづく

























[PR]
by tobelune | 2016-02-15 14:33 | えほん | Comments(0)

絵本会議008

「くりゅくりゅです。さて、根っこの確認もできて、やりたいことも
はっきりして参りました」
「くるくるです。「生と死」を語った絵本、これまでにも沢山出てるよね。
たとえば、「わすれられないおくりもの」とか・・」
「ありますね、けっこう。「ずーっとずっとだいすきだよ」とか、「ぶた
ばあちゃん」とか、バーニンガムの「おじいちゃん」とか、ね」
「名作と呼ばれるものも多いやん。けどな、それでも・・
ぼくが本当に悲しくて泣き暮らしていた時期、ぼくを慰め、救ってくれるような
本は、どこにもなかった・・・」

「いやー、それはでも、本当に悲しい時は、本も読まれへんのとちゃう?」
「うん、それはそう。けど、少し落ち着いてきた頃、街に出て、
書店で「悲しい本」ていう絵本を見つけて開いてみたけど・・・」
「どうでした?」
「なんちゅうか、ピンと来なかったのは覚えてる」
「あれはたしか、息子を亡くして悲しんでいる父の話やったと思います」
「うん。でも、なんやろ? 父親の心情がね、どうも伝わって来なくて・・・
人ごとでしかなかったような・・・?」
「共感できなかったワケやね」
「うまく言えません・・・外国の本ってこともあるのかも?
あの有名な「いつでも会える」もね、目をつむれば、いつでも会えるって、
そんな簡単に立ち直れるもんやないやろって・・・思ってしまうねん」

「むずかしいね」
「むずかしい。重すぎるのはごめんだし、でも軽すぎると共感できない」
「いろんなタイプのそういう絵本があって、そこから人それぞれで、
自分の共感できるものを探せれば・・うまく出会えれば、心がふっと軽くなる
ことも、あるかも知れないよね」
「うんうん。・・・絵本会議らしくなってる?」
「なってる、なってる(笑)」

つづく























[PR]
by tobelune | 2016-02-14 13:50 | えほん | Comments(0)

絵本会議007

くりゅ「まだ、ボーゼンとしてるようやけど?」
くる「うん・・・ぼくな、気づいてしもうたんや」
「何んです?」
「根っこにあったモノを思い出したん・・」
「え?」
「道子ちゃんがいなくなって、最初はその悲しみを描こうとして・・」
「うん、ストレートに表現しました」
「その次には、道子ちゃんがいた時の幸せな暮らしを、絵本に残そうとした」
「それが、「あたしのサンドイッチ」やね」
「つまり、ぼくの絵本の根っこにあるのは、道子ちゃんの喪失ということやねん」
「それは・・そうやけど?」
「皮肉な事やけど。彼女がいなくなったから、久保晶太が生まれてきて、
絵本を作り始めたということやろ? 
もしも、彼女が元気なままで、幸せな生活が続いていたら?
ぼくは絵本をやってないかも・・・」

「そんなことは・・わからんけど・・・
もしもの話をしても、しょうがないやろ?」
「うん。ただ、そこが根っこであること、忘れたらアカンと思うわけ。
そんでな・・・」
「うん、それで?」
「これからやりたいのは、ズバリ、「生と死」をテーマにした絵本やねん」
「おおー、やっぱり、そこへ行き着くんやね・・・うわあ・・・
あえて、今、その難しいテーマに挑もうと?」
「そう、今なら、もっとうまく描けそうな気がするねん。ていうか、
オレが描かなきゃ、ダレが描くねん?! て感じで(笑)」
「おお、強気やねー。ええやん、ええやん(笑)」

つづく
























[PR]
by tobelune | 2016-02-13 13:20 | えほん | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune