<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

新緑の森へ2

b0246533_22435300.jpg

つづきです。
緑地で見つけた、名も知らぬ白い花。
清楚な花ですね。
花の図鑑で調べてみたところ、どうも「オーニソガラム」という花らしい。
日本名は、大甘菜(おおあまな)だそうです。
花言葉は、「才能」。

b0246533_22435988.jpg

あちこち歩いていて、ふと足下にスミレが咲いているのに気づく。
「はっ!!」
あやうく踏んでしまうところでした。危機一髪。
よく見れば、周りにも広がっていて、ちょっとした群落になっていました。
葉っぱがハート型なので、「タチツボスミレ」ですね。
花言葉は、「小さな幸せ」。

b0246533_22440305.jpg

カメラの「ポップアート」機能を使って撮ると、こんな風になりました。
派手派手しいけど、可愛くもある・・かな?
スミレをじっくり見たことってなかったので、うれしかったです。
今回の一番の収穫でした〜♪






















[PR]
by tobelune | 2016-04-25 08:18 | photo | Comments(2)

新緑の森へ

b0246533_13274202.jpg

緑が美しい季節、到来!
というわけで行って来ました、恒例の新緑散歩。K市の緑地保全地域。
ちょっと天気が曇りがちでしたが、晴れの日とはまた、ひと味違った
柔らかな色合いの写真が撮れて、それもまた良しです。

b0246533_13274808.jpg

相変わらず、人がいなくて静かである。
野鳥のさえずりに心を奪われます。しばし立ち尽くす・・。
別世界だなあ。

つづく























[PR]
by tobelune | 2016-04-24 13:45 | photo | Comments(0)

春キャベツ

やわらかな笑顔でいよう 春キャベツ      笑太



先週、句会がありました。
すっごい久々に「天」を頂いたのが、上の句です。(2年ぶり!)
いやぁ、めったにもらえない「天」、実にうれしい!!

春だから春キャベツ・・・すぐに食べものに行くところが、
笑太らしさというか。あはは。
春キャベツのあの、ゆるい巻き加減とか、明るい色彩、柔らかな味わい、
そういうのを思い浮かべているうちに、なんとなくポッと出来た句。

それ以来、キンチョーしそうな場面では、
「春キャベツ」と唱えるだけで、ふふっとおかしくなって、
固さがほぐれるのです。
我ながら、良い句を作れたもんだと思います。

よかったら、お試しください。

























[PR]
by tobelune | 2016-04-17 13:15 | 俳句 | Comments(2)

絵本会議012

「くるくるです。久々の絵本会議ですやんー。
予定では、たしか、4月には原寸ラフが出来るはずなんやけど、
どうなってますかねー?」
「くりゅくりゅです。ドッドッドッドッドッ・・」
「ん? 何んの音?」
「心臓です。ドッドッドッ」
「何? キンチョーしてるのん?」
「ごめん。絵本できてないねん・・ドッドッドッ」
「ラフがない? ほんなら、せめてテキストくらいは・・」
「書けませんでした。ドッドッドッ」
「あちゃー」


「一応言い訳させてください。何回もトライしたんですワ、ほんと。
Macに向かって、文章書き始めたんです。けど・・・」
「けど?」
「数ページ書いて読み返すと、なんかちがう・・
面白くないんやなー・・真面目すぎるっちゅうか・・・」
「出だしは、大事やからね」
「そう。最初の5行くらいで、読者の心をグッとつかめないとね」
「うんうん」
「で、書いては消し、書いては消し・・・」
「よく小説家が、原稿用紙をぐちゃぐちゃぽいってやる、アレやね」
「紙をぐちゃぐちゃって方が、ストレス解消になるやん?
デジタルだと、コマンドAしてdeleteボタン押して終わりやから」
「あっけない(笑)」


「で、今にいたるワケですか?」
「そういう事ですねん」
「くりゅは、完璧主義やからなー・・・」
「けど、大丈夫。安心してください。今朝、ひらめいたんです!」
「おっ、降りて来た?」
「来ました。面白い始まり方のヤツ!」
「よっしゃー!!」
「これなら、つかみはOKやと思うねん」
「ほうほう」
「ホーホケキョ♪」
「ええから、すぐ書いてんか?」

つづく



























[PR]
by tobelune | 2016-04-14 11:51 | えほん | Comments(0)

Oh! ヘンリーヅタ

b0246533_17000369.jpg


昨秋、「ポッカリをさがして」の作者の長井さんから、苔玉をいただきました。
「ヘンリーヅタ」という名の武道家、いえブドウ科のツル植物が植わった苔玉。
お水をあげるだけの手間要らず。しかも日陰でも育つ品種です。
うちにピッタリ!
秋も深まると紅葉すると聞いて、楽しみにしておりました。
ところが、です。
茶の間に飾っていたら、kiki(猫)が葉っぱを食べてしまったのです。
ほぼ全滅。美味しいのか??

がっかりでしたが、春が巡り来て、新芽がぐんぐん伸びてきた!
どうです、この、手をひろげて伸びをしているようなヘンリーヅタ。
葉っぱの色もかわいいぞ!

b0246533_17001215.jpg

今は、猫が登れない(はずの)台の上に飾っています。
「ぐんぐん芽が出る」という、縁起の良いヘンリーヅタですー。
花言葉を調べてみたら、私にぴったりだったのでした。
いわく、「気ままに生きる」ですと(笑)!






La Mer


















[PR]
by tobelune | 2016-04-11 17:26 | photo | Comments(6)

コロッケ

先頃、神戸の友人から、
「近所のお店に、美味しいのがあるから」
とコロッケが送られて来ました。もちろん冷凍のです。
自前の牧場で丁寧に育てた和牛のお肉を使っているという、
関西の名店のコロッケ。

「うまく揚げれるかなー?」
恐る恐るやってみると、これが、カリッとうまく出来た!
コロッケの語源は、かじった時の「カリッ」という音から来ているそうで、
やはり衣は、カリサクでなくてはならぬのです。

ところで、みなさんは、コロッケに何をかけて食べます?
ソース派ですか? それとも、ケチャップ派?
私は、何もつけない派です。
素材の味をしっかり楽しみたい。
揚げたての、カリカリホクホクコロッケをそのままで。
あと、千切りキャベツは欠かせませんよねー。たっぷり山盛りで。
キャベツにはマヨです。
そこへビールと来れば、もう最高。
あんまり美味しくて、一気に5個食べちゃいましたー。あはは。

ああ、しあわせ。
神戸のTくん、ありがとう。ごちそうさまー♪























[PR]
by tobelune | 2016-04-09 13:12 | たべるね | Comments(2)

巨大お好み焼き

今朝のゆめるね。



何人かで、デザインの仕事をしていたように思う。
おなかが空いたので、何か買って来ようと、ひとりで出かける。
外に出ると、商店街である。

和菓子屋さんとか、ケーキ屋さんとかの前を通る。
「いや、甘いものじゃないのがいいなー」
なおも歩くと、お好み焼きを売っている店があって。
「これにしよう!」
ところが、いざ買おうとすると、様子が変である。
今あったはずの焼きたてが、もう見当たらない・・・売り切れ?
「えーと、注文すれば焼いてくれるのかな?」
店のシステムがわからない。
他のお客の様子を見ると、具材を盛ったカゴみたいなのを選んで、
店の奥に入って行くではないか。奥には大きな鉄板が、ずらり並んでいる。
「あれ? 自分で焼くのか?」

適当に具材を選んで持って行く。
店員さんに案内されたのは、一段高くなった巨大鉄板。
広くて、まるで、リングである(笑)。
「ここでやれと?」
周りには、調理済みの野菜や肉や魚介がたくさん並んでいて、
好きに入れて良いらしい。
「どうせなら、でっかいの作っちゃえ!」
オールのような木のスプーンですくって、ばんばん鉄板に乗せる。
だが、ひっくり返すには、自分も鉄板の上に乗らなくてはいけない。
「熱いだろ? どうするんだ? あ、なるほど、下駄をはくのか(笑)」
直径1m以上ありそうな、巨大お好み焼き!
美味しく焼けるのか??



目が覚めた。
いやー、何だろ? そんなに、おなか空いていたのかなー?
具材として、ポテトサラダや、紅葉おろしなんかも入れてたような?
どんな味になったんだろうな・・・
食べたかったです。























[PR]
by tobelune | 2016-04-07 13:20 | ゆめるね | Comments(0)

無限の

「天才とは、無限の肯定」



たまたま、息子が残したコミックスを読んでいたら、出て来た言葉。
自分の存在を、夢を、肯定し続けるって意味かと思います。

誰でも落ち込む時、あります。
「無理かもしれない・・」
「やっぱり、出来っこない。ありえない」
否定するのは、簡単です。

それでも、時を経れば立ち直る。
あきらめない。
何度でも、自分を肯定する。百回でも、千回でも。
「オレは、できる!」

天才とは、無限の肯定。


























[PR]
by tobelune | 2016-04-01 11:42 | 言葉 | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune