<   2016年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

絵本会議020

「くるくるです。クレヨンハウス絵本大賞、本日締め切りです!」
「くりゅくりゅです。はい、きょう必着ということなんで、昨日の夕方、
宅配で送りましたー! セーフや!」
「ぎりぎりやん。ヒヤヒヤしたワ」
「久々に睡眠を削って、頑張りました。いやあ、充実してたねー。
ええ夏を過ごせたワ。これで、ちゃんと完成さえしてたら、ねえ・・・」
「ん? どーゆーこと? 出来上がって応募したんやろ?」
「128ページの絵本の予定やっったんですが、時間無くて、
60ページまでしか描けへんかったんや。つまり、前半だけ」
「半分しか? ほんでも、出したって言うたやん」
「そう、応募しました。最後に「つづく」って書いてね。あはは」
「つづく?! そんなんアリか?」
「んー・・・つづくはダメとか書いてなかったけど?」
「うわ。チャレンジャーやな(笑)」
「どうしても見て欲しかったんやもん。心意気を買ってほしいワ」
「クレヨンハウスも、びっくりやな」
b0246533_13183793.jpg
「これ? この子が主役? やけに小さい絵やねー」
「今は、これくらいでガマンして」
「これ、ボールペンで?」
「あ、それもね、時間無くて、鉛筆画にしました。ユニの3B」
「出ました。トクイの鉛筆」
「鉛筆が、やっぱ最速やから。シャカシャカッと」
「で、それをスキャンして」
「そう。InDesignで文字と合わせてレイアウトして、プリントしました」

「前半の60ページに関しては、どうなん? 完成度とか」
「完成度はね・・正直、よう分からん(笑)。
未完成やけど、可能性を感じられる!ってのを目指してたから」
「ほほう?」
「あのね、絵本大賞募集のチラシにこう書いてあるんです。
受賞後、編集部と協力の上、作品のブラッシュアップ、新しい制作に努めて
くださる方を求めていますと」
「うん、書いてありました」
「つまり、完成度は、それほど求めてないんとちゃうかな?
荒削りでいいから面白いのを持ってこいと、言うてる気がしてん」
「なるほど。そやから、可能性を感じさせることが大事やと」
「そう。コレ、うまくやれば化けるかもしれない、やってみたい!
そう思えるようなのが、一番やと」

「で、つづきは、どうするのん?」
「もちろん作るよ。なるべく早く完成させたいもんなあ」
「まだまだ夏は終わらない!」

つづく




















*


[PR]
by tobelune | 2016-08-31 14:24 | えほん | Comments(2)

風の中の羽のように

今朝のゆめるね。



学生時代に戻っている感じで、仲間でワイワイと建物を巡っている。
と、不思議なモノを見つけた。
それは、巨大な鳥の羽がくっついた指輪?
長さ実に1mくらいはありそうな、大きな楕円形の白い羽。
先っぽの方だけ黒く、美しい。そして軽い。
根元が指輪にくっついている。

指輪を右手につけてみる。
「これ、もしかして飛べるかも」
空を飛ぶための道具じゃないのか? そう思うと、試してみたくなる。
見回すと、窓から出られそうな場所がある。
出ると、そこは半分屋上になっていて、すでに十分高い。5Fくらいか。
ビルの端に立つ。柵はない。
飛べるのだろうか?
ちょっとコワイ(当たり前だ)けど、飛べる気がする。
「えいっ」
思い切って空中に飛び出す。

フウワア〜 と体が持ち上がる。風に乗れたのが分かる。
「やった。とべた!」
高く舞い上がる。気持ちいい。
こんな羽一枚で、飛べるもんなんだ・・・。



目が覚めて、やったぜ! と思う。
ぼくの場合、飛ぶ夢を見るのは絶好調のサイン。
さて、きょうも絵本作りに集中しよう。


























*


[PR]
by tobelune | 2016-08-24 12:19 | ゆめるね | Comments(0)

絵本会議019

「くるくるです。文章が完成して、その後どうなったん?」
「くりゅくりゅです。まず、InDesignで絵本の判型などを決めて、
そこへ、テキストを割り付けてみたんです」
「わりと小さめの本やね」
「そう。小さめで、ちょっと縦長の比率。そして、なんといっても
ページ数が多い! 割り付けた結果、128ページになりましてん」
「そんなに?! だいじょぶか?」
「いや、理想的やと思う。大人の絵本やからね。
なんとなく、128ページならちょうど16の倍数で、無駄がなくていいなあと
想像してた。そんなにぴったし行くとは思わんかったけど。びっくり」
「計算して書いたわけやないのに?」
「そう、ぴったし。神がかり的やろ?」

「そやけど、そんなに絵を描けるん? 時間ないで?」
「締め切り前日に宅配で出すと考えて、実質あと8日かな」
「だいじょぶか?」
「絵はね、ボールペンで描いてPCに取り込んで、InDesign上でいろいろ
凝った構図にしようと考えてるわけやねん」
「それが秘策っていうヤツ?」
「そのとおり。ボールペンなら描くの、めちゃ早いで(笑)」
b0246533_13545287.jpg
「んじゃ、モノクロ絵本てこと?」
「う〜〜ん、モノクロでもええし、あと1色、足してもええかも。
スミプラス赤とか、グリーンとか?
足すのは、PC上で色をかぶせるから、これも早い」
「にゃるほど。出来そうな気がしてきたワ」

「今までの絵本にないようなことも、やります」
「それは?」
「もちろん、今はヒミツやけど」
「出ました。みなさんご一緒に♫
ひ、ひ、ひ、ひが三つ」
「ヒ・ミ・ツ」

つづく






















*


[PR]
by tobelune | 2016-08-22 20:08 | えほん | Comments(0)

夏の雲 2

b0246533_21272236.jpg



本日の雲です。
何んでしょうね?
アレに見えるんだけどな・・・?






Waters of March














*
[PR]
by tobelune | 2016-08-21 21:34 | photo | Comments(0)

絵本会議018

「くりゅです。聞いてください」
「くるです。どうしたん?」
「できました!」
「おお、絵本できた? 早かったやん」
「ちゃいます。テキストが、やっと完成したんです!」
「あ、そやったん? 物語がやっと出来たと・・」
「そうやねん。たったいま、書き上げましてん。時間かかった〜(笑)」
「話だけで半年かかってるやん」
「何度書き直したことか・・・
そやけど、今月に入ってから、なんちゅうか、
パズルのピースが、スパスパ決まっていく感じ?
まさに黄金時間やったね。
持てる力を出し切ったと思います」
「それは、よかった。
けど、もうあと10日ほどしかないで? 絵、ちゃんと描けるんか?」
「やるしかないやん」
「追い込まれて初めて力出るタイプ?(笑)」
「ここからが勝負です。ちゃんと秘策があります」
「ほんまに?」
「うん。ヘンテコな絵本、目指します〜!!」


つづくっ






So Nice













*
[PR]
by tobelune | 2016-08-19 09:22 | えほん | Comments(0)

ねこ散歩

昨日、ふと思い立って。
夕暮れの散歩に出かけました。
「ねこ散歩」・・・
ねこになった気分で撮った写真です。



b0246533_1402445.jpg




b0246533_1403812.jpg




b0246533_1404168.jpg




b0246533_1404721.jpg




曇り空でしたけど、風が心地よかった。
川沿いの土手の道を歩きました。
ねこには出会わなかったにゃー。






A Song For You
















*
[PR]
by tobelune | 2016-08-16 14:10 | photo | Comments(0)

夏の雲

b0246533_11212445.jpg


先日見つけた雲です。
何に見える?






Somewhere Over The Rainbow













*
[PR]
by tobelune | 2016-08-15 11:25 | photo | Comments(3)

黄金時間

これを待っていたんだ ずっと
この感覚を

それは 唐突にやってくる
ぼくの場合は 夏だ

ひとつの物語を
言葉の中に
絵の中に
探しつづけるうちに

ついに やってくる
黄金時間



物語が ぼくの中で 動き出す
高揚感
まるで 熱病

ぼくは 猫になり
笑い
歌い
嘆き 落っこちる

まるで 狂人のごとく
時間を 行き来して

物語は どこへ向かうのか
ハッピーエンドは あるのか



絵本の神サマ 降りてくる
黄金時間

それは 恋にも似て






A Song For You























*
[PR]
by tobelune | 2016-08-12 07:28 | ぽえむ | Comments(2)

冒険の旅 7

駅員さんは、晶太の家に電話をかけに行った。


「父ちゃん母ちゃんが何んて言うやろ?
びっくりするやろな。
二度とひとりで旅することを許さないかも・・・」
悶々とする晶太。


少しして、駅員さんが戻って来る。
「お宅にかけたけど、出なかったよ。仕方ないね・・」
あ、助かった~~。
もうみんな、寝てしまったのか。
早寝早起きの家族で良かった~~~(笑)!


少年は、ひと安心。
ソファを借りて、横になる。ありがたい。
寝心地は快適とは言えないけれど、
深夜でも働いている駅員さんの気配を感じながら、うつらうつらと眠った。





5日めの朝。
通勤客が押し寄せて来ないうちに、出発だ。
「ありがとうございました!」
駅員さんに深々と礼をして、自転車にまたがる。
きょうも青空。


もう、あとはたいした距離ではない。4時間くらいで帰ることができるはずだ。
無心にペダルをこぐ。
もう迷うこともなく、明石、神戸を通過。
やがて、伊丹の文字が見えてくる。


見なれた景色。
もうすぐ我が家に到着だ。
約500キロを完走できた喜びと、旅が終わってしまうさみしさと・・・。


お昼前、無事、家に辿り着く。
「ただいま~~~!!」
手を洗い、ついでに顔も洗う。
鏡に映った晶太は、日に焼けて、少しだけたくましく見えた。
そして、彼は思うのだ。
「おもしろかった〜!
次は、どこへ行こうかなあ・・♪」


まったく、こりない。おバカでハタ迷惑な17才であった。
ちゃんちゃん♪


大人になった晶太の冒険に、つづく
のか?





Saudade Da Bahia

b0246533_12103486.jpg

[PR]
by tobelune | 2016-08-11 07:30 | 旅るね | Comments(0)

冒険の旅 6

民宿で1泊、兄の寮で2泊、そして4日めの朝早く、晶太は兄に別れを告げた。


昨日、3日めは兄貴の車でドライブ。
「白壁の町倉敷」をゆっくり観光し、
さらに鷲羽山に登って、そこから瀬戸内の夕景を眺めた。
黄昏れの美しさ、せつなさ、やがて街の灯が次々とまたたき始めて・・・
あの灯りのひとつひとつに、人生があるんやなあ。
そんなことを考えていた。


その夜も寮に泊めてもらう。
本当は、寮に泊めていいのは1泊だけらしくて、
裏口からこっそり忍び込み、兄貴の部屋へ。
K製鉄さん、ごめん(もう時効だよね)。


おかげで、すっかり元気回復! 兄貴に手を振って、帰り道についた。
来る時とまったく同じ道では面白くないので、平行して走る別の国道を進む。
なので、もう、おまわりさん達にも会わなかった(笑)。


鼻歌を唄いながらペダルを踏む晶太少年。
この頃に流行っていたのが、コカ・コーラのCMソングにもなった
「愛するハーモニー」である。
♪この広いぃ地球の~どこまでも~・・・





何んのトラブルもなく(期待してた?)、すこぶる順調に走る。
すいすいと県境を越え、兵庫に戻って来た。

b0246533_1156529.gif



姫路まで来て余裕だったので、お城を見てみたいと思った。
小学生の時に遠足で来た覚えはあるものの、
お城の印象はおぼろげであった。


国道からはずれて北上すると、
姫路はさすがに都会という感じである。大きいビルが建ち並ぶ。
大通りを行くと、ビルの向こうに突然、姫路城が現れた。
白鷺城と言われるだけあって、
白くて優雅、お姫さまを連想させる綺麗なお城だ。
天守閣を仰いで、しばし見とれる。





加古川を過ぎたあたりで、夕闇が迫ってきた。
さてさて、最後の1泊をどこにすればいいのか?


普通の市街地である。
これでは、野宿もしづらい・・。
「どうしようか?」
国道はいつしか、国鉄の線路と平行して走っていた。
小さな駅があったので、ちょっと寄って休憩する。
「土山(つちやま)」という駅だった。


駅舎は木造で、どこか田舎っぽくてステキだった。
待ち合い室も、木のベンチが長くぐるっと続いており、古き良き時代を感じさせてくれた。
雰囲気が気に入ったので、ここで夜を明かそうと決めた。


待ち合い室でじっと座りながら、晶太は何を考えていたのだろう?


やがて、駅を行き来する人も途絶えて。
少年ひとりになった。
10時を回って、
駅員さんがひとり、声をかけてきた。


「君、どうしたの? もうすぐここも閉めるよ?」
「えっと、あの、すいません。自転車で旅をしていまして・・今夜ここで過ごしちゃだめですか?」
「ここで? そりゃちょっとなあ・・・」
駅員さん、困った顔して他の駅員さんのところへ。


また戻ってきて、
「ちょっと、こっちへ来てくれる?」
(あれれ? また家出と思われたかも? 困ったな・・)


駅員さんについて行くと、改札をくぐり、駅舎の奥に通された。
駅員さん達の休憩する場所というか、あるいは宿直室なのか、
ゆったりしたソファに座らせてもらう。
「で、家はどこなの?」
また、これだ。
事情をかいつまんで説明する。


「なるほど、わかった。今夜はここで眠ればいいよ」
ほっとする晶太。
「ただし、親御さんが心配されているだろうから、電話はするよ? いいね?」
「はい・・・」


いやとは言えない。
まだ半分、疑われているように思える。親に確かめるつもりなのか。
けれど、電話なんかされると余計に心配するはず。
あ~~~~、絶体絶命のピンチ!


まだつづく







The Long and Winding Road



b0246533_11252238.jpg

[PR]
by tobelune | 2016-08-10 07:10 | 旅るね | Comments(2)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune