<   2017年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ラクガキ 16

b0246533_17595084.jpg


「雪の日の少年」
ニット帽の少年は、降り止まぬ雪を眺め、何を思うのだろうか?
かたくなに何かを思い詰めているような・・・。

テーブルの上でクレヨンを塗ったら、木目が浮かび出てきた(笑)。
それもまた面白い。
この色使いも、今までの私にはなかった色だ。
いろんな可能性の扉を開けていこう。




















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-30 18:15 | えほん | Comments(0)

日だまりの庭時計

b0246533_14350044.jpg


木彫りの猫ブローチを手に入れた。
走っているのか、寝そべっているのか? よくわからん(笑)。
色が渋めで良い。小さいので、帽子に付けても目立ちすぎない。いいね。

これを作ったのは、木彫作家の木村藤一さん。
昨日から始まった展覧会、「垣根のお庭で5つのおはなし」に行ってきたのです。
南阿佐ヶ谷のギャラリー庭時計さん。

部屋のあちこちに、木彫りの小さな動物たちが、ちょこんと立って息づいている。
キツネ、タヌキ、クマ、ウサギ、ネズミ、カエル・・・などなど多数。
擬人化され、どこか朴訥な感じの佇まい。
そんな中で、童話作家の長井理佳さんの朗読会が始まる。
日差しの入る部屋。
ゆったりとした語りが心地よい。
まるで、日だまりの中にいる猫の気分です。
ご主人の花岡さんが演奏される揚琴(ヤンチン、中国の楽器)の音色も柔らかく、
涙が出そうになるくらい。

ここにいると、時間を忘れます。
「みんなで優しいひとときを共有できるといいね」
みたいな空気なのです。
ホンワカしちゃいます。

いつか私も、ここで展覧会をやりたい。やるぞ。
そう思いながら帰って来ました。



















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-23 15:30 | ロマンやね | Comments(4)

ラクガキ 15

b0246533_14464843.jpg


「ターバンの女」
左手も、ずいぶんと動きが良くなってきましたが。
うまくなりすぎないようにと(笑)気をつけています。
たどたどしさが魅力なのだし。
この絵で言いますと、
クレヨンの荒々しい塗り方が心地よいと思うのです。





















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-21 07:58 | えほん | Comments(0)

ラクガキ 14

b0246533_23252148.jpg


「金色巻き毛」
猫に金髪って・・・どうなんすかね?(笑)
でも、可愛いから許してください。
やさしい目をしてるね。






















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-20 07:25 | えほん | Comments(0)

ラクガキ 13

b0246533_15152518.jpg


「青帽子の少年」
ミックス色鉛筆を使っています。(1本の芯に2色が混じっている色鉛筆)
思わぬ色で描けるところが面白い!
描きながら、どんな仕上がりになるのか、自分でも分からない。
分からないから楽しみでもあり、
そこが、ラクガキの魅力なんだと思うなあ。

ボールペンの線描から、色鉛筆の線へ。
とべるね画伯は、どんどん変わっていくみたいです。




















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-17 15:41 | えほん | Comments(0)

ラクガキ 12

b0246533_17343772.jpg


きょうの新作。「ベレー帽の少女」おしゃれでしょ?
3Dメガネをかけてご覧下さい。(うそです)
左手だと、ドローイングの楽しさを感じることができる。
右手も、そうありたい。





















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-16 17:43 | えほん | Comments(0)

星の名前

奇麗な花を見つけたら、名前を知りたいと思いますよね。
星も同じです。



深夜、東の空に浮かぶ、ふたつの星。
名前を知りたくて、スマホを手に出かけました。ちょうど2時です。
橋の上から夜空を見渡して・・・
ありました、ふたつの星。
スマホのアプリ「星座表」を起動。星のある方向にかざします。

「ありゃ? 見えない」
スマホの画面を見てから夜空を見ると、星が見えません。
空の暗さに目が慣れないのです。
「あ、そうか、画面の明るさを落とせばいいんだ・・」
設定を変えて、ようやく画面と空の星を見比べることが出来ました。
これで、名前が判明!
私の推測は、半分当たって、半分はずれでした。


b0246533_14552745.jpg


ほぼ東にあるのが、牛飼い座のアルクトゥルス。これは正解。
その右、やや南側にあるのはジュピター、つまり木星でした。
「ほほう、なるほど」
木星とはね、意外でしたね。
よく見ると、その右下に小さく光る星があって、それが乙女座のスピカなのでした。

おしゃべりと思っていた星は、アルクトゥルス。(またはアークトゥルス)
日本では「麦星」「麦刈星」と呼ばれるとか。
ちなみにスピカは、「真珠星」です。

これでスッキリ。
星座表、実にありがたいなあ! 
もっともっと、星を知りたくなっちゃいます。






















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-13 13:38 | ロマンやね | Comments(0)

星座表

東の空にも明るい星が、ひとつ、ふたつ。
あれは何だろう?
片っ方はじっと光っていますが、もうひとつの星は、しきりに瞬きます。
ちかちか、ちらちら・・・
何か、話しかけてくれているのかな?



上は、先月書いた「月夜の散歩」からの抜粋ですが。
深夜歩いていると、どうしても、このふたつの星が気になるのです。
なぜかいつも、片方だけが、ちかちか瞬いている。
あのおしゃべりな星は、何だろう?(笑)

昨夜もそう思って。
帰宅してから、ネットで冬の星座盤を見つけて、東の空を調べる。
獅子座のレグルスか?
いや、それだと、もうひとつの星に当たるものがないし・・・
まてよ?
この図は、夜の9時頃に見える空になっているんだよな。
深夜の場合は、もっと星が動いているので・・
むしろ春の星座盤を見るべきか。

あった。春の星座の中に、目立つふたつの星。
牛飼い座のアルクトゥルスと、乙女座のスピカ。
これじゃないかな?
だが、確証がない・・・
う〜〜ん、確かめることはできんのか?
と、その時。
思い出した!!

友達が前に言っていたこと。
スマホを空に向けると星座が分かるって。
そういうアプリがあるって。
そうだった。
すっかり忘れておりました。

「星座表」という、そのものズバリのアプリ。
さっそくインストールしました。
自分の位置情報を入れると、その場から見える星座を教えてくれる。
なんて賢いんだ!?

よし、今夜こそ、星の名をつきとめるぜ☆






















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-12 15:17 | ロマンやね | Comments(0)

かんたん美味

息子が巣立ってから、急に料理を作らなくなった。
1年間、やる気をなくしていた。
(その辺の話は、こちら。

正月、いつもの散歩コースで、神社のあとにブックオフに寄ってみたら、
この本が私を待っていた。

「かんたん美味2」(ベターホーム協会編)
料理本であるが、パラパラ見て写真がとても美味しそうだったので、購入。
読んでみると、たしかに「おいしい」と「かんたん」が両立している!
さっそく本を見ながら、野菜たっぷりのポトフを作ってみた。
肉じゃなく、ソーセージを使うので手早く出来る。
粒マスタードを付けて食べるのが、めちゃウマい!

気に入ったので、「かんたん美味1」もアマゾンで購入。
(なんと現在、6まで出ているらしい。すごいな)
その序文に、こうある。

料理はかんたんで、おいしいのが一番。
でも、かんたんであることと、手抜きとは違います。
かんたんだからこそ、素材の持ち味が生きているおいしい料理を集めました。

なんか・・・
絵を描くことと通ずる部分があるような(笑)。

きょうは、「とり肉のおかゆ」を作ろうかな。胃にやさしそう。






















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-10 13:02 | たべるね | Comments(0)

ラクガキ 11

b0246533_22063781.jpg



いつも猫ばかり描いているので、たまには変える・・・
そう、カエルの女のコです。ははは。
なんだか、おっとりした性格の子に見えますねー。






















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-09 22:23 | えほん | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune