初めてのG-SHOCK

b0246533_21253158.jpg


G-SHOCK買っちゃいました! メタリックなかっこいいヤツ!
めったにない事なので、自慢させてください。わはは。

愛用の腕時計が、突然故障してしまって・・・
でも、それは、はっきり言えばチープな時計だったのですよね。
なので、修理して使うっていう気にもなれなくて・・・
新品を買おうと決めました。

で、考えました。
もしかしたら今度の時計が、人生最後の時計になるかも知れないなと。年齢的にね。
ならば、少しは良いモノを身につけようじゃないかと。
で、ネットで調べて、さんざん迷いながら(迷うのも楽しみのひとつですよね)決定。

今までの人生の中で、一番高級な腕時計です。(ちょい大げさ?)
ソーラー電波時計。
上の写真では分からないけど、びっくりするほど、でかくて重いです。
時計機能の他に実は、通話や、ロボットのリモコンなどの機能があるんじゃないか?
と思うくらいの重量感です(笑)。

大事に使おう。かっこいいGさんになろう。




















*

[PR]
# by tobelune | 2017-09-07 07:25 | その他 | Comments(5)

猫じゃらし

b0246533_10001680.jpg




白くぽわぽわになった猫じゃらしの可愛らしさ。
夏から秋への移り変わりを感じます。




















*

[PR]
# by tobelune | 2017-09-05 10:16 | photo | Comments(0)

磨かれた夜空

昨夜のことです。
仕事帰りに空を見上げて、星がくっきり浮かんでいるのに気づきました。
「あ、こんなに星がたくさん。久しぶり」

この夏は特に曇り空が多く、星が見えませんでした。
なのに、今夜はなぜ? と考えて、
「そうか、台風がかすめて行ったんだっけ。
 その風で、空が磨きをかけられたんだね・・・きっと」
ひとりでうなずきました。

西の空には、夏の大三角が見えます。ベガ、アルタイル、デネブ。
真上にも星が沢山見えます。でも、名前がよくわかりません。多すぎる(笑)。
小さな三角がみえるのですが・・・ペガスス座の一部だったのかも??
東の方を見ると、明るい星がひとつ。
あれは?
スマホの「星座表」で見たところ、カペラのようです。

「カペラ? てことは・・もう冬のダイアモンドが見えるのか?」
探せば、地平線近くにオリオンがかかっていました。
ああ、もう・・・季節の巡りは早いものです。

そういえば、朝、つくつくぼうしが鳴いていました。
夏も終わりが近いです。





















*

[PR]
# by tobelune | 2017-09-03 14:24 | ロマンやね | Comments(0)

つぎはぎズボンの少年

「ほれ。ひざにツギ当てたからな・・・もう、穴あけたらあかんで?」
母さんは、言います。
少年はいつも、ズボンの両ひざに穴をあけてしまうのです。
直径2cmくらいの丸い穴。
母さんはいつも、あきれながらツギを当ててくれるのでした。

どうして、ひざに穴があくのかと言うと・・・

少年は、「空想遊び」が大好きだったのです。
自分が動物になった世界を思い浮かべて、夢中で遊びます。
すると、体もじっとしていられないのです。
畳の部屋で四つん這いになって、あちらへこちらへと回ります。
それが、楽しくてしょうがない。
毎日そうやって、ひざをこすってしまうので、すぐに穴があくのです。

母さんに何度叱られても、どうしようもないのです。
少年は、鹿になったり狼になったりして、森を駆けるのですから。



やがて。少年は大人になりました。
あの、つぎはぎズボンの少年は、もういません。
「空想遊び」も、やめてしまいました。
あんなこと・・・あんなヘンなこと・・・大人は、しないよね?(笑)










いえ、ウソです。
さすがに、ひざをすって遊ぶのはやめましたが、「空想劇」はずっと続いて・・・
ずっとずっと続いて。
絵本の道へつながりました。
誰にも秘密にしていた、つぎはぎズボンの少年のお話。




















*

[PR]
# by tobelune | 2017-08-30 15:01 | 子どものころ | Comments(0)

ミルク菓子のような

今朝のゆめのお話、ゆめるねです。



一人で街を彷徨っていると、大きな河に出る。(たぶん海ではなく河だったと思う)
観光スポットなのか? 人で賑わっている中で、漁師さんが作業をしている。
それを見ながら、ふと足元に気がつくと、排水口のような小さな穴から
白い虫のような?何かが、ひょこんと顔を出しているのを見つける。出たり引っ込んだり。
鼻が三角にとんがっていて、ひげもあるような・・・なんだろう?
そいつは、すべて真っ白なのだ。
目も真っ白。
「オケラ?」
なぜか、口をついて出た。
「オケラって、こんなんだっけ?」
いや、虫ではなさそうだ・・・カニ?
見た事もない不思議なヤツなので、スマホで写真を撮ろうとする。

「ああ、そいつは、この辺にしかいないんだ。めずらしいべ?」
漁師のおっちゃんが笑っている。
が、スマホの画面で見ると、人間っぽいのだ。
(クリスマスに作る人の形のクッキーがありますね。ジンジャーボーイ?
あんな感じで、平べったい。で、真っ白、すべすべ。あ、赤ちゃんのお菓子で
ミルクケーキとかいうの、ありますね。パキパキっと食べられる、白くて薄いの。
あんな質感で、でも生きて動いている)
小人? 妖精?
しゃべるわけじゃないけど、レンズを向けているうちに家族だか仲間だか、
どんどん穴から出て来て、じゃれ合って笑っているように見える。



そのあと、どうしたのかは、記憶があいまいです。
ヘンなゆめでした。
ゆめでも、スマホで写真を撮るようになってるのが・・・笑える。




















*

[PR]
# by tobelune | 2017-08-29 14:37 | ゆめるね | Comments(0)

3粒の宝石

b0246533_13451554.jpg




午後4時すぎ、幼稚園の横を通りかかりました。
傾きかけた日の光が、葉の隙間からわずかに葡萄の房に差し込んで・・・
上の3粒が内側から光を放っていました。
その美しさにはっとして、シャッターを切ったのですが。
この写真で伝わるでしょうか?

こんな瞬間に出会えるとは!
葡萄を観察し続けたことへの、ご褒美かな? なんて。




















*

[PR]
# by tobelune | 2017-08-25 14:10 | photo | Comments(0)

12粒

b0246533_13580796.jpg




葡萄の自由研究は終えたのですが・・・
こんな小さな房がまだ頑張っているのを見つけたので。
絶妙な色彩・・・
夏の終わりの夕空のような。
奇麗です。




















*

[PR]
# by tobelune | 2017-08-24 14:06 | photo | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune