おしろい花

b0246533_14044426.jpg





あったらな おしろい花のアロハシャツ

昔、こんな句を詠んだことがありました。ハイビスカスにちょっと似ていますよね。
とても好きな花です。



結婚間もない頃に住んでいた小さな家の庭に、おしろい花が咲き誇っていました。
ピンクの花、黄色の花、2色が混じり合った花もあって。
私も妻も、お気に入りでした。
ある日、知人が遊びに来て、
「奇麗でしょう?」と庭のおしろい花を自慢げに見せたら、
「え? でも・・これって雑草でしょう?」

言葉を失ってしまいました。
「雑草」で片付けちゃうんだ?
こんなに奇麗なのに?



あの夏の夕暮れは、ちょっとせつないというか、残念な思い出。
おしろい花は、「夕化粧」とも呼ぶそうです。
花の色は派手なのに、どこかしっとりとした美しさを感じるのは、やはり、
夕暮れに咲く花だからかもしれません。



















[PR]
# by tobelune | 2017-08-09 14:42 | photo | Comments(0)

クワガタ

b0246533_15282778.jpg




昨夜、街を歩いていたら、歩道に黒い虫がじっとしていました。
「ん? もしかして?」
わくわくしながら近づいてみると・・立派にカーブしたアゴを突き立て、威嚇のポーズ。
「やっぱり! クワガタ!!」

クワガタに出会えたのは、ずいぶん久しぶり。手でつまんで家に持ち帰りました。
クワガタは怒って、ギチギチと鳴きます。もがきます。
「ごめんな。写真に撮ったら、すぐ逃がしてあげるからさ」

帽子に入れて、撮影。
たぶん、ノコギリクワガタです。アゴを振り上げた勇姿は、さすがにカッコいい。
ちょっと悪魔っぽいところが魅力です。
少年の日の憧れだなー。





b0246533_15283600.jpg




















*

[PR]
# by tobelune | 2017-08-07 15:57 | photo | Comments(2)

葡萄の実 8

b0246533_13272255.jpg




お待たせしました。10週めの葡萄です。
ほのかに色づいてきましたねー。やっぱり、赤味がさすと美味しそうです。
つぶれた実があるのは、鳥がつついたのでしょうかね。

って、よく見ると、左奥にすでにワインカラーの実が!?
えええ? 今まで存在すら気づかなかったのに・・・びっくりです。
房によって、こんなに色づきが違うもんなのか。

思わず食べたくなるのですが・・・
これは幼稚園の葡萄なので、がまんがまん。

このまま完熟まで、見届けられますように。



















*

[PR]
# by tobelune | 2017-08-05 13:46 | photo | Comments(3)

夏は来ぬ

朝、寝床の中でウトウトしながら、蝉の声を聞きました。
ミンミンゼミです。
先週、24日のことで、それが今年初の蝉でした。


翌25日、ものすごい集中豪雨のあとで川沿いの道を行くと、
ハグロトンボに出会いました。
1匹や2匹ではありません。
「なんで、こんなに?」というほど、たくさんでした。
大雨で川が増水して、川のほとりの草むらが水没したのです。
住処から追い出されたという形で、
黒い羽に金属的な緑色の体のハグロトンボが、そこら中に乱れ飛んでいました。


その二日後、夜中に雑木林の前を歩いていたら、今度はカブトムシに出会いました。
立派なツノを持ち、クリクリツヤツヤした♂です。
道の脇をゴソゴソ這っていました。これも今年初。

背中をつまんで持ち上げる。と、激しく抵抗し、手足を動かす。
足のトゲがチクッと刺したので、思わず取り落としました。
コチン!
地面に仰向けに転落。
「あ、ごめん。そんなつもりじゃなかったんだ・・」
ひっくり返るとなかなか戻れないらしく、もがいているので手助けしました。
つい、かまってしまうのは、ワルイくせです。子どもと同じです(笑)。
「車に轢かれるなよ」
そう祈りつつ、立ち去りました。


昆虫たちに出会うたび、「ああ、夏だ。夏が来た」と思います。
暑い暑いと言いながらも、大好きな夏です。




















*

[PR]
# by tobelune | 2017-07-31 12:08 | その他 | Comments(0)

ふゆみずたんぼ

宮城県気仙沼の義兄から、今年もウニが届きました。ビンに詰められて、クール便で。
味が濃厚。まことに美味しい。まさに海の恵みです。


で、ふと、久々に義兄のブログに立ち寄ってみたら、
「甦れ!ふゆみずたんぼ」という復興記録の動画がアップされているのを見つけました。
ちょっとコレ、素敵な映像ですので、ご覧下さい。20分ちょっとです。
(義兄、小野寺雅之も、ちらりと登場していました)

昔、子どもの頃に田んぼでよく見かけたカエルや虫たちが、
気仙沼市大谷では、こんな風に生きているんだなあ・・・なんか、すごいです。






















*

[PR]
# by tobelune | 2017-07-25 07:08 | その他 | Comments(2)

葡萄の実 7

b0246533_13104907.jpg




8週め、ほぼ2か月めの葡萄です。
大きさはもう、ほとんど変化無しという感じですが、
色が微妙にくすんで来たような?
特に一番上の一粒が、わずかに赤味がさしてきているのが分かるでしょうか。
ね?
いよいよ、あの葡萄らしい色に変わり始めるのかな。
楽しみに見守ります。



















*

[PR]
# by tobelune | 2017-07-24 13:23 | photo | Comments(0)

いっぽいっぽ

先日、飯田橋で「えほん会議」がありました。
新たに描いた柔らかいタッチの水彩画を、作家さんに見て頂きました。
「いいですね。これは? 紙の名前?」
「そうです。アルシュは、最高級の水彩紙です」
他の水彩紙にも描いてみましたが、
やはり、アルシュでないと出ない柔らかさがあるのです。

今までのマンガ的な絵から脱して、
ある程度リアルでありながら、絵本的な柔らかさのある絵・・・
とても気に入ってくださいました。
(例によって、ここではまだ載せられませんけど)

これでまた、一歩進みました。



昨日は、資料を求めて古本屋さん廻りをしました。
絵本の舞台になる家を、「レトロな雰囲気のある民家にしたい」
との作家さんのご希望がありまして。
民家の資料を探しているところです。

インテリアや雑貨の本というのは、わりとあるのですが、(もちろん、それも大事です)
家そのものの本は、カタイ建築雑誌しか見つからず・・・
田舎暮しの本とか、ありそうなんだけどな?
資料探しは、まだまだ続きます。

一歩一歩、絵本作りは進む・・・




















*

[PR]
# by tobelune | 2017-07-18 07:18 | えほん | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune