怪獣の咆哮

b0246533_02573109.jpg




なんとなく絵になる空かなと思って撮影したら、あとで見ると、怪獣の雲だった。笑
ゴジラ的な何かが、空に向かって吼えているように見えます。
上半身だけですけどね・・・わかってもらえるかな?



















*

[PR]
# by tobelune | 2018-06-20 03:09 | photo | Comments(2)

CDデザイン

b0246533_11241946.jpg



b0246533_11241330.jpg




初めてのCDデザイン。(アップするのをずっと忘れておりました)
英語の教材です。小学生対象。
スミ+特色1色のシンプルさが、カッコイイと思っています。
写真じゃ分かりづらいですが、地色はCDそのものの銀色になっていて、しゃれています。

楽しくデザイン出来て好評をいただけた、幸せな作品です。


















*

[PR]
# by tobelune | 2018-06-12 11:40 | イラストレーション | Comments(0)

悲鳴を上げた話

つい先日のこと。

暑い日でした。
私は、地下道を歩いていました。
コツコツと靴音を響かせ歩いていたら、
「ポトリ・・」
上から何かが、左腕に落ちてきた感触が。
見れば、Yシャツの袖にぞろりと黒いもの・・・たくさんの足が生えている!
ムカデ!!
瞬間、背筋がぞぞぞ〜〜っ。
「ひいいいいいっっ」
と、心の中で悲鳴を上げたわけです。
(もしかしたら、声に出ていたかも知れません。笑)

暑いので長袖をまくり上げていた、その三重になっている部分に落ちてきた。
(デカイです。全長15cmくらいのがU字型になって)
左腕をぶんぶん振るが、ムカデは落ちてくれない。
首の方へ這い上がって来られたら・・と思うだにおぞましい。焦る。

ええい、触れたくはないが、仕方ない。
右手の人差し指でもって、胴体をピシッと弾きました。
そしたら、うまく落ちてくれた。
ほっとするが、このまま逃がしては、また人に危害を及ぼすかもしれぬ。
足で、ガッガッと踏みつぶして退治。

青みがかった黒の体、赤茶色の頭部、黄色い足。いかにも毒々しい姿です。
あとで調べたところ、トビズムカデと判明しました。
日本のムカデでは最大級。やはり毒を持ち、刺されると激しく痛むそうです。

こわかった〜〜!
肌の出ているところに落ちなかったのは、不幸中の幸い。
運が良いんだか悪いんだか。笑

コイツらはやはり、夏場に活発になるようです。ご注意ください。





















*

[PR]
# by tobelune | 2018-06-06 18:51 | 笑えるね | Comments(0)

時間とは何か

奇妙な体験をした。



明け方、ふと目が覚めて、何時かな? と掛け時計を見る。
「9時15分か・・」
と思ったら、分針が、すーーっと進んで行くのである。
「ん?」
あれよあれよという間に、10時11時と、ぐんぐん時計が進んで行く。
まるで映画の「タイムマシン」みたいな・・
自分だけ取り残されて、周りが刻々と変化して行くみたいな・・
妙な気分になる。
夢を見ているのだろうか??

12時、全ての針が重なった所で止まった。
目覚まし時計を見たら、5時過ぎである。こっちが正しいのだろう。

何がどうなったのだ?
電池が、もう無いとか・・・?
試しに電池を一旦はずして、また入れてみた。(つまり再起動)
すると、またもや分針が勢い良く回り始める。
1時になり、2時になり・・
今、もし窓を開けたら、外の世界が早送りされているのかも知れない。
そんな思いがよぎる。

「コイツは電波時計なので、正しい時刻で止まるのかな?」
だが、思惑はずれて、どんどん時計は回り、わずか3分ほどでまた12時。
一周して、ぴたり止まった。
なんじゃ、こりゃ?!



ワケ分からんし、眠いので、また寝る。
が、眠りに引き込まれながらも、気になって・・
「う〜〜ん・・大体、時間って何んだ? 一日が24時間とか、誰が決めたんだっけ?
一時間は60分とかさ・・・どこの誰が決めたんだよ??」
そんなこと思いつつ眠りに落ちたのであった。

つづく




















*

[PR]
# by tobelune | 2018-05-30 14:38 | ぎもん | Comments(0)

天の川から宇宙の話

つづきです。
実はもうひとつ、初めて見たものがあって・・・
「夏の大三角」のデネブがある、白鳥座ですね。
「北十字星」ノーザンクロスとも呼ばれる通り、十字架の形をしています。
これを、この夜、初めてしっかりと確認出来たわけです。
(双眼鏡では、一度に入りきらないほど大きい星座でした)

そして、その周辺が、「天の川」です。
よく知らなかったのですが、天の川は冬より夏の方がくっきり見えるんだって。
なぜなら・・いや、これは説明が長くなるので、こちらでどうぞ。

はい、そういうわけで、夏こそ天の川なんですね。笑
うんうん。本当に奇麗でした。
そして、この天の川に、地球も私たちも属しているワケなんですね。



137億年前、ビッグバンにより誕生したという、この宇宙。
初めは、水素やヘリウムしかなかったんだそうです。
それらの核融合から最初の星が生れ、炭素や酸素が出来て、鉄なども出来て。
やがて、その星が爆発し、いろんな元素を宇宙にばらまいて。

星のカケラが巡りめぐって、私たちの太陽が50億年ほど前に生まれたのだそうです。
そして46億年前に地球が生まれました。
地球もまた、星のカケラが巡りめぐって出来た星。
つまりは、みんなみんな、星のカケラから生まれてきたのですよね。
私たちの体も元は同じです。
元々は、星のカケラであり、宇宙であるのです。

こんな話、変ですか?

星を見ることは、自分がどこから来たのかを知る、旅のようなものかも知れません。
なんて、かっこ良すぎでしたかね。てへへ。
この夜、星たちに魅せられてしまった私は、とうとう、二つめの双眼鏡を手に入れることを
決意したのでありました。





















*

[PR]
# by tobelune | 2018-05-24 00:30 | ロマンやね | Comments(0)

ガリレオ衛星

つづきです。
5月20日午前2時30分頃、私が生まれて初めて見たもの、それは・・


今、夜空で一番光る星、木星。
微かに黄色く見える木星を双眼鏡で見つめているうちに気がついたのです。
すぐそばに、小さな小さな光る点があることに。
針の先でつついたようなのが。
それも二つ!
ひとつは、木星とくっつくくらいに近く。
もうひとつは、見た目で3mmほど離れて。
(木星自体、見た目で2mmくらいの感じです)

そう、それは木星の周りを回る衛星なのでした。
木星の衛星は現在69個あるとされていますが、中でも代表的なのが、特に大きい
「ガリレオ衛星」と呼ばれる4つです。
あのガリレオが、1610年に発見したらしく、木星に近い順で、
イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストという名前がついています。

私が見たのは、イオとエウロパだったのかも。
なんだか感激です!
だって、ガリレオと同じ体験をしたわけですからね。
いやあ、すごいぞ。
エウロパには水があり、生物が存在する可能性もあるという話で。
ワクワクしません?

宇宙の神秘を感じることが出来たこの夜を、忘れることはないでしょう。


つづく



















*

[PR]
# by tobelune | 2018-05-22 15:32 | ロマンやね | Comments(0)

So Many Stars

昨日は晴れて、一日中風が強く吹いていて、さわやかでした。
そんな日の夜は、星が奇麗です。
真夜中、2時30分、双眼鏡を手に川べりまで行きました。
こんな夜に外へ出ないんじゃ、星好きの名がすたるってもんですよ。笑



西に、ひときわ大きな星が、こわいくらいに輝いています。木星です。
南にはくっきり赤い星、火星です。
ぐっと見上げれば天頂にベガ、アルタイル、デネブ。夏の大三角。
「うわーー!」
双眼鏡で見ると、そこら中に星が散りばめられていて。思わず声が出る。
「天の川だ・・・」
生まれて初めて、こんなにたくさんの星を見ました。もうびっくり。
ああ、誰かに見せてあげたい。一人で見るのはもったいない。
でも、真夜中だし。笑



と、視野の中をチロンと星が流れた。
「あ」ーーー☆
双眼鏡のこんな狭い視野の中を星が流れるなんて、どんな確率だよ?



さて、もうひとつ、この夜初めて見たものがあるのですが・・・
それはまた、次回。

つづく





















*

[PR]
# by tobelune | 2018-05-20 15:29 | ロマンやね | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune