えほんファイル003

みどりの船  クェンティン・ブレイク 千葉茂樹/訳

草と木で出来た「みどりの船」。
少年たちは、まぶしい夏の日をみどりの船で航海する。
なんてワクワクする話だろう。想像力の冒険!
いっしょになって旅をした気分になってしまう。
ラストシーンは、せつなくて・・・だからこそ心に残る絵本である。
絵がスゴイ。この躍動感。線も色もイキイキしている!
どういうペンを使っているのだろう?

この本は図書館で借りて、あまりに良かったので、
その後、自分で買いました。
大人の方が感動するタイプの絵本かも。

THE ROSE  Leanne Rimes
ぽろぽろ
[PR]
by tobelune | 2011-12-29 01:00 | えほん | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune