ひとつになれる

いつの間にか、その世界に入っていて、
主人公たちと一緒に泣いたり笑ったり、どきどきしている。
そういう本があります。
たとえば、アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」なんか
完全に入っていましたねー。

あれって、本当にフシギ。ごく自然に、そうなる。
文字を読んでいるはずなのに、
みんなの声が聞こえる。
木々のざわめきだって、波の音だって。
確かに、そのときそこにいる。

読み終わったとき、本の中からぽわんと戻ってきた余韻に、
しばし、ボ〜〜〜〜ッとすることもあります。
そういう作品に出会える幸せ。

逆に言えば、
そういう本を作れたら、もう最高です!!
一番ムズカシイとも言えるけれど・・・
がんばる価値はあるよね。

Melody Fair  The Bee Gees
b0246533_12393197.gif

[PR]
by tobelune | 2012-01-26 12:11 | えほん | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune