手紙

犬って、穴を掘って骨を埋めますよね。
大事な宝はかくしておく・・・あとで楽しむために。
でも、時に、忘れたまんまになってしまう事もあるとか(笑)。

ぼくも、よくやるんです。
「これは大事なものだから、なくさないようにしなきゃ」
と思って、大事に封筒なんかに入れて、しまっておく。
で、それをすっかり忘れてしまう。

「えっと、アレはどこにやったっけ?」
大事なものであるほど、なくしてしまう。
出てこない・・・。
そういうこと、多いです。ほんと、多い。

昨日、部屋の片付けをしていたら、なくしたものが出てきた!
それは、妻の手紙。
亡くなる半年前、ぼくの誕生日にくれた手紙。
あらためて読んでみた。
胸がきゅうーっとなる・・・せつないよ。泣きそうになる。

なくさないよう、スキャンした。
ここに載せても、いいかな。許してね・・・。
b0246533_013760.jpg



CHE SARA~ケ・サラ~
これも泣ける。
[PR]
Commented by y15424 at 2012-02-24 00:31
これは公開してホントに良かったと思うよ。書いた奥さんも素晴らしいけど、書いてもらった久保さんも素晴らしい!
Commented by tobelune at 2012-02-24 00:50 x
は、早いコメントでしたね。
そんなやさしいこと書かれると、泣いちゃうぜ。
Commented by pommechan at 2012-02-24 10:51
いや、「まだまだ一緒に夫婦したい!!」なんて、
公開されちゃうと、春の足音も遠のくよ!!(笑)
みっちゃんも、幸せな思い出を胸に、
とべるねさんの幸せを願ってるのだからね♪
泣いてないで、一緒に春を探しに行こうぜ、baby!!
Commented by tobelune at 2012-02-24 14:49 x
たはは、春が遠のきますか〜。
う〜〜〜ん、引きずり過ぎなのはわかってるつもりですが。
しゃあないね。
by tobelune | 2012-02-24 00:26 | 思い出 | Comments(4)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune