人気ブログランキング |

「ポ◯カ◯」制作日記21

画材のつづき。



鉛筆画に欠かせないもの・・・
ねり消しゴム。
3B〜5Bの濃い鉛筆を使うので、普通の消しゴムでは、間に合わない。
(消しゴム自体が真っ黒になっちゃうよ)
ねり消しは、なんていうか、柔らかいパテみたいなもの。
鉛筆の黒を消すというより、吸着する。

柔らかいので、きゅっとつまんで平たくしたり、
とんがらせたりすると、細かい部分を消すこともできる。

例えば、草原を描くのに、
鉛筆で草を線描、さらにざざっと一面をうすく塗る。
(指でこすったり)
そのあとで、ねり消しを平たくし、
シュッと切るようにして色を取り去る。
と、草が光っている感じが表現できる。すごい便利!
(ホワイトを入れるより、お手軽)

b0246533_0345063.jpg



もひとつ、欠かせないのがティッシュ。
右手の下に敷く。
コレやらないと、手で鉛筆ラインをこすってしまい、
薄汚れてしまうのにゃ。
いくら気をつけても、やってしまう。
ティッシュは必需品。


画材は、こんなところかにゃ。
あ、ちなみに、紙はごく普通のコピー用紙だったりします。
わはは。


つづく





Bird and Cat  Gontiti
by tobelune | 2013-06-29 08:10 | イラストレーション | Comments(0)

 空好き、猫好き、星も好き。 絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune