人気ブログランキング |

あるくあるく

今日と明日、ヒマが出来たので、
山にでも行きたいと思ったら台風だもんなあ・・・。
さて、今朝のゆめるね。



妻、道子ちゃんの実家にいる。息子はなぜか、いない。
(結婚した当初に時間が戻ってる?)
広い部屋でくつろいでいると、
道子ちゃんが来て、きょう帰るらしいことを言う。
すでに何日も泊まった設定のようである。

彼女は支度で忙しいようなので、
ぼくはひとりで、なんとなく散歩に出る。

歩きながら何か考え事をしていたようだ・・・
ふと我に返ると、少しだけのつもりが、ずいぶん歩いていた。

え?
ここはどこだ?
あれ? もう、こんなに時間が経ってしまっている。
ぼくはひとりで、東京に帰る道を歩いているのだった。
しまった!
道子が心配してるに違いない。
いそいで戻ろう。
細い一本道を引き返す。

歩きながら、奇妙な感覚にとらわれる。
なんだか現実感がないのである。
夢の中にいるような感じ。
「変だ・・・
 でも、これ、間違いなく現実だもんな。
 オレ、夢と現実の区別もつかなくなってきた?」

いよいよ頭がおかしくなってきたのかと、
心配しながらも歩く歩く。
しかし、足が重い。思うように進めない。
早く帰らなくちゃと、焦る。
「そうだ、電話した方がいいな。
 ケイタイは?」
だが、ケイタイがない。忘れてきたようだ・・・。

田んぼのあぜ道みたいな所を通ったり、
かと思えば、駅の売店や食堂らしき間を通ったり。
こんなに遠くまで来ていたのか?

ああ、どうしよう?
勝手にいなくなって、道子が怒っているかもしれない。
とにかく急げ。
しかし、足がうまく動かない・・・
ああ、もう・・・



はっと目が覚める。
な?
あれ?
やっぱりゆめだったのかー!
よかった〜〜。
まったくもう、ドキドキさせやがってー。

でも、元気な道子に会えたし・・・。

夢と現実の境目は、あやふやなもんだね。
夢の中でほっぺをつねったら、やっぱり痛いんだよね。
あやふやです。





Without You ft. Usher   The PianoGuys
by tobelune | 2013-10-15 16:27 | ゆめるね | Comments(0)

 空好き、猫好き、星も好き。 絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune