おならくらげ

ちょっと遅くなりましたが、素敵なニュースです!

知人の作家ささきありさんが、「ひろすけ童話賞」を受賞されました。
浜田廣介さんにちなんだ賞です。
受賞作は、「おならくらげ」(フレーベル館)。
おめでとうございます!!

さっそく、アマゾンで取り寄せました。
以下は、ご本人に宛てたメールの引用です。



「おならくらげ」
すっっごい面白いです! 
ユーモラスで、かつ、心に響くものがありますねー。
自分で自分を肯定するって、本当に大事なことですもんね。

クラスのみんなが次々とおならをする場面は、ほんと笑えます。
おならくらげが、どんどん生まれて、
おかしくってうれしくって、最高の場面です。

画家さんにも恵まれましたね。素晴らしい挿し絵でした。
菱形の目、ユニーク!
うまいなあ、すごいなあ。


10年くらい温めてきた作品とのこと、
やはり努力はいつか報われるんですねー・・・ありさん、えらい!!
日頃の精進の賜物ですよね。

めでたしめでたし。




返信メールには、
『これまで来た道をみると、一見遠回りのようなことが、実は必要な道のりだった
のだと思えてきます。』と・・・

長い間、何度も書き直して、コツコツと完成度を高めておられたのでしょう。
すごいことだなあと思います。
見習いたい。

本当におめでとうございます。





















*

[PR]
by tobelune | 2016-11-21 11:30 | えほん | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune