雪山を歩く 4

26日のつづきです。

少しウトウトして、充電完了。
お昼前に再び出発です。
午後の山歩きは、超お気楽「みくりが池周回コース」。

b0246533_17592560.jpg

これが、みくりが池です。
火山の爆発の跡に出来た、火山湖だそうです。
一周1時間くらいの初級コースですね。

b0246533_17594961.jpg

トレッキング開始です。
と、その前に・・
「あ、そうだ。アレやろうぜ。
雪の上にバーーンと。やってみたかったんだ」
「いいけど?」

ど〜〜〜ん!!

b0246533_17595837.jpg


❄︎


さて、山歩き山歩き。
室堂平をぐる〜っと回る。

b0246533_18003295.jpg

いい調子で、ずんずん進んで行く。
何しろ、朝の雪山訓練に比べたら、こんな平坦な道はラクショーです。
もう、慣れたもんです。

b0246533_18011574.jpg

高山植物の名残。

b0246533_18011155.jpg

竹とんぼみたいな、クマザサ。

b0246533_18002489.jpg

浄土山の急斜面を見上げて、パチリ。
逆光が、カッコイイ。
カメラを持参したのですが、スマホの方がレンズが広角で、
雄大な景色を撮るのに向いているのでした。


❄︎


「これ、なんか、コース違ってない?」と私。
「いや、大丈夫でしょ」と息子。
「ほら、ここから先は、登山道です、装備が必要ですって書いてある」
「いいから、行こう。ちょっとくらい冒険がなくちゃ」

道は徐々に、登りになって行きます。
人もぐっと少なくなりました。
でも天気が良いので、キケンな感じは全くありません。
「じゃあ、あそこの小高い所までね」

ちょっと休んで、水を飲んでは、また登ります。

「もう、いいだろ? 引き返そうよ?」
「大丈夫だって。ほら、あそこに人がいるじゃん」
息子は、ずっと上を指差しました。
「ええ〜〜、あんな所まで・・・疲れる〜(泣)
じゃ、あそこのS字になってる所までだよ?」


後で分かったのですが、
これは雄山(おやま)登山コースに入っていて、ピークは3000mでした。
行って、行けなくはなかったのかもですが・・・
本格的過ぎます。


❄︎


途中で息子を説得し、下りました(笑)。
やっと元のコースに戻って。
もうひとつの池、みどりが池に着きました。
水が凍って、白くなっています。
「これ、凍ってるの? なんか、カタクリ粉みたいだ」
「あはは、言い得て妙!」

b0246533_18012592.jpg

カタクリ粉の、いえ、みどりが池のほとりで。

この写真で言うと、後ろの台形の山が立山三山で、その右端のピークが雄山です。
先ほどまでは、
右の谷になった所から雄山に登ろうとしていたわけで・・・
完全に上級者コースでしたね。ははは。


❄︎


午後も、よく歩きました〜。
疲れたあとは、温泉温泉♨︎。
そしてまた、ひと眠り・・・よく寝る二人でありました。

やがて夕暮れが迫ってきます。

つづく






















*

[PR]
Commented by pommechan at 2017-11-01 20:06
どの写真も素敵です〜、そして顔出しまで!
本当に素敵な旅でしたね!!
Commented by tobelune at 2017-11-02 09:16
ありがとうございます。
思いがけず、良い経験ができました。台風と台風の間の晴れ間にうまく行けました。幸運でした。
by tobelune | 2017-11-01 08:05 | 旅るね | Comments(2)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune