とろろ汁

青森県出身の方から、地元の長芋をいただきました。帰省のお土産です。
新聞紙にくるまれた、ぶっとくて重い、立派な長芋!
早速、とろろ汁を作ってみました。

小鍋を火にかけて、だし汁を作ります。
つゆの素と、お酒とみりん少々。
長芋は、本来はすり鉢ですって、なめらかにするものらしいですが、
私はむしろ、大根おろし器でおろした、荒めのザクザク感が残るようなのが好きです。
昔、母親が作ってくれたのが、そういうのでした。懐かしい。

おろしてみると、これ、かなり粘りのある芋でした。
山芋に近い感じ。(青森産の長芋は高級品なのかも?)
すりおろしたら鍋に加えます。
量が多過ぎて、ドロドロになってしまいました。水を足して薄めます。
溶き卵を流し入れると、おお! 美味しそう!
醤油で味を整えて、くつくつ煮えたら、最後に刻みネギを入れて出来上がり。

ご飯にぶっかけて食す。
トロトロもちもち。ほふほふほふ。
「う、うんめぇ〜〜〜っっ!!」心の中で叫ぶ私。
キムチをトッピングすれば、さらに美味。
ああ、至福の一杯なるかな。




















*

[PR]
by tobelune | 2018-01-15 13:39 | たべるね | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune