人気ブログランキング |

子どもを抱いて飛ぶ

今朝のゆめるね。
ものすごく高い所を飛ぶ夢でした。



最初は、地上からふわっと浮く程度だったのです。
街中の橋の手すりを蹴って、えいやっと跳び上がったように思う。
周りの人が見ている中を、川に沿って飛んで行く。
風は感じない。いつものように手も広げない。
今回は、なんていうか・・・意思の力で飛んでいるような感じで。

途中で小鳥と出会う。青い小鳥。
同じ速さで飛んでいるので、止まって見える。
傷ついているようなので、そっと手でつかまえて抱きかかえる。

大きな建物が並ぶ、ヨーロッパ調の街並の上を飛んでいる。
いつの間にか、小鳥が小さなお猿?に変わっていた・・・
高い建物を登って、てっぺんからまた飛ぶ。
繰り返すうちに、どんどん高く飛ぶようになっていく。

はるか下に道があり、あまりの高さに目がくらんだ。(地上200mくらい?)
ぞっとして、
「下を見ちゃダメだよ!」と、息子を抱きしめる。
お猿は、いつしか、小さな頃の息子になっていたのです。

ところが、この子が下を覗きたがるのだ(笑)。
怖いもの知らず。
前に体を曲げるので、バランスを崩しそうになる。
「あぶないよっ」
そう叫びつつ、強く抱きしめる私。
高い空は怖いけど、楽しくもあり・・



目が覚めて、なんか、笑ってしまいました。
小さな息子の体温を感じていたように思います。

ここからが不思議なのですが。
午後、息子から連絡が入り、ちょっと困ったことがあると、親父に相談して来た。
話を聞きながら、
「ああ、今朝の夢は、これの予兆だったんだな・・」と。
父ちゃんで役に立てるなら、喜んでやってやるよ。
そう思ったことでした。





















*

by tobelune | 2018-01-31 15:22 | ゆめるね | Comments(0)

 空好き、猫好き、星も好き。 絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune