人気ブログランキング |

2013年 04月 16日 ( 1 )

句会がありました

クラシコ書店と地蔵屋さんに寄ったあと、
句会に参加しました。

句会の説明をざっとしますと・・・
ここでは10人前後の人が、2ヶ月に一度集まり、
居酒屋の個室で、飲みながら俳句を楽しむのです。

決められたお題(テーマ)に添って、
各自3句を持ち寄り、名前は伏せて提出。
バラバラにして清書し、みんなに回して味わう。
良いなと思った句を選んで、発表。
多くの人の支持があったものから、
天、地、人という位が付けられる。
(金、銀、銅みたいな感じ)
で、選んだ理由もちゃんと全員が述べるし、
作者は作者で、詠んだときの気持ちや、
苦心した部分などのエピソードを話します。

いろんな見方、優れた感性に出会える喜び。
言葉遊びの面白さ。深さ。
作者を当てるゲーム的な楽しみ。などなど。
ぼくなんかは初心者だし、自己流なんで、
上位になんて入れないのですが、何かとシゲキされます。

今回、「春の花を詠む」だったのですが、
ぼくの句で一番点を取れたのは、これでした。


ソライロノカケラソウです イヌフグリ   笑太


あの可愛い花に、「イヌフグリ」という名前はあんまりだ。
という思いから作った句。
ただ、「空色のカケラ草です イヌフグリ」と表記した方が
良かったと師匠に言われました。
確かに、カタカナばかりで読みにくいかも。
なるほどです。


つづく





「世界の車窓から」  南里沙
by tobelune | 2013-04-16 08:19 | 俳句 | Comments(0)

 空好き、猫好き、星も好き。 絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune