カテゴリ:笑えるね( 63 )

巨大カブトムシの怪

夜道を歩いていたときの話です。

50mほど先を、黒い何かが歩いていました。
暗くてはっきりしないのですが、巨大なカブトムシに見えるのです。
全長2mもあろうかというカブトムシ♂(ツノが見えます)、そいつが立って歩いている。笑
そのとなりに、やや小さめのカブトムシ♂が、やはり歩いている。
「そんなバカな・・・」
でも、いくら目をこらしても、そう見えるのです。
妖怪? あるいは、着ぐるみの人?(こんな夜に?)

う〜〜ん、これは・・道を変えた方が良いのだろか? 関わらない方が?
迷いつつも、距離が縮まっていく。
好奇心もうずく。正体を知りたいもんね。
近くまで行ってみると・・・

「あ、これ?」
巨大カブトムシは、コントラバスでした。あのでっかい弦楽器ですね。
ケースに入ったのを人が引いていた〜。
となりは、チェロかな? やはりケースに入れて、人が背負っていたワケでした〜。
二人とも、黒シャツに黒ズボン・・・黒子か? 
黒で統一した楽団なんですかね? だから、後ろ姿は虫そのものに見えた。
なんだ、そういうことか・・・

カブトムシの妖精ならよかったのに〜。笑

チャンチャン♪


















*

[PR]
by tobelune | 2018-07-05 14:28 | 笑えるね | Comments(2)

悲鳴を上げた話

つい先日のこと。

暑い日でした。
私は、地下道を歩いていました。
コツコツと靴音を響かせ歩いていたら、
「ポトリ・・」
上から何かが、左腕に落ちてきた感触が。
見れば、Yシャツの袖にぞろりと黒いもの・・・たくさんの足が生えている!
ムカデ!!
瞬間、背筋がぞぞぞ〜〜っ。
「ひいいいいいっっ」
と、心の中で悲鳴を上げたわけです。
(もしかしたら、声に出ていたかも知れません。笑)

暑いので長袖をまくり上げていた、その三重になっている部分に落ちてきた。
(デカイです。全長15cmくらいのがU字型になって)
左腕をぶんぶん振るが、ムカデは落ちてくれない。
首の方へ這い上がって来られたら・・と思うだにおぞましい。焦る。

ええい、触れたくはないが、仕方ない。
右手の人差し指でもって、胴体をピシッと弾きました。
そしたら、うまく落ちてくれた。
ほっとするが、このまま逃がしては、また人に危害を及ぼすかもしれぬ。
足で、ガッガッと踏みつぶして退治。

青みがかった黒の体、赤茶色の頭部、黄色い足。いかにも毒々しい姿です。
あとで調べたところ、トビズムカデと判明しました。
日本のムカデでは最大級。やはり毒を持ち、刺されると激しく痛むそうです。

こわかった〜〜!
肌の出ているところに落ちなかったのは、不幸中の幸い。
運が良いんだか悪いんだか。笑

コイツらはやはり、夏場に活発になるようです。ご注意ください。





















*

[PR]
by tobelune | 2018-06-06 18:51 | 笑えるね | Comments(0)

初笑いでございます

チャンカチャンカ♪ チャンカチャンカ♪
(拍手)
「おめでとうございます〜! 今年もやってまいりました、くるくるで〜す」
「はい、くりゅくりゅで〜す」
「二人合わせて、くる&くりゅで〜〜す!」
「久々に登場出来て、うれしいわ〜、ぎゅっ」
「痛いっ、何すんねん?」
「いや、夢かと思いまして、ほっぺをね」
「夢ちゃうわ。ちゃんと漫才、始まってますがな」
(手を上げて)「やった〜!」
「それはバンザイね」

「初夢見ましたか?」
「うん。猫になる夢を見ましてね。猫のぼくが、こんな句を詠んだんや。
 猫の夢 一鯵二蛸三鮑 てね。どうや?」
「うまいな。フジが、アジ。タカをタコ。ナスビはアワビと、
しゃれてるわけや」
「説明せんで、ええねん」
「いや、漢字読めへんと困るな、思て」
「親切やな?」
「え? 雪が降りましたか?」
「それは新雪」

「くるくん、今年の抱負を語ってもらいましょか」
「はい、今年こそ絵本を出したいです!」
「まじめか? まともに答えてどうすんねん? ボケるんや
「あー、やっぱり、絹より木綿やね」
「それ、豆腐やね」
「ブドウの産地で有名な・・」
「甲府やね」
「フカフカやわ〜♡」
「毛布やね」
「ごおおおお〜〜〜〜っっ!」
「暴風やね」
「えーと・・」
「もうええわ! 抱負や!」
「そんなら、くりゅは、どやねん? 今年の抱負は?」
「はい、今年こそ絵本を出したいです!」
「おんなじか〜〜い?!」(ビシッ)

チャンチャン♪





















*

[PR]
by tobelune | 2018-01-01 07:07 | 笑えるね | Comments(0)

似顔絵

b0246533_15400906.jpg



二人展「大と小展」を見に行きました折、山本祐司さんに似顔絵を描いてもらいました。
なんとなく上品な晶太になりました(笑)。うれしいです。







Can't Help Falling in Love














*
[PR]
by tobelune | 2017-10-03 15:50 | 笑えるね | Comments(0)

ピーピー豆

春、ピンクの花が可愛かったカラスノエンドウ。
今や、細長い豆をいっぱいつけています。
その中から、なるべく丸々と太った豆を選んで摘んできました。

食べるワケじゃないよ〜(笑)。
子供の頃やった記憶のある「豆笛」を作ってみようと思い立ったのでした。
ん〜〜〜・・・でも、どうやるんだったっけ?
作り方も鳴らし方も忘れてしまった。
ネットで調べたら、ありました。

要は、ヘタをちぎってスジをむき、さやを開いて豆を取り出して、
カラッポになったさやを口にくわえて吹く・・・という簡単なことですが。

最初は、なかなか鳴らないんだな、コレが。
うんともすんとも言わないのを、がんばって続けてみる。
「プ・・」と、一瞬でも音が出れば良い方です。
「プ・・・プ・・・」
何回も試しているうちに、
「プーーー!!」
突然大きく鳴って、びっくりしたりする。

「ピューーー♫ プーーー♪」
一旦コツを掴めば、あとはラクに吹けるようになりました。
そうなれば、実に楽しい。誰かに自慢したくなりますね。

ああ、なんか、子どもに戻れそうだよー。
「ピューーー♫ プーーー♪ プーーー♪」




















*

[PR]
by tobelune | 2017-06-04 13:50 | 笑えるね | Comments(0)

やり直したい

先日、健康診断に行きまして。
身長体重など測定のあとに、視力検査がありました。



今までと検査の機械がちがって、新しくなっていて。
メガネ着用のまま、スコープを覗いて、
前方の丸の開いている方向が見えたら、手元のレバーをそっちへ倒すという方式。
分からなければ、別にあるバツのボタンを押すという・・・
なんか、ゲーム機みたいな(笑)。

で、やってみた結果、なんだかひどい数値が出てしまって。
視力0.4とかになっていた。
いや、そんなはずはないだろうと思うのだけれど・・・
今までは、せいぜい0.9とか0.8だったのに。
「なんで、こんな悪いの?」とボーゼン。
「疲れ目ということも、あるかも知れません」と、看護婦さん。

いや、それにしても、0.4はないだろ?
まさか、レバー操作をまちがえたりはしてないはずだし・・
納得いかんワ・・・。



血圧やら内診やら心電図・・すべてを終えてから、ふと思った。
「あ、レンズ?」
メガネをはずして見れば、案の定。レンズが、めちゃ汚れておりました。
油膜が張ったような感じで。
「あ〜〜〜?! これでかあ!!」
こんなメガネじゃ、よく見えんわけだ・・
出かけるときに、メガネ拭かなきゃって一瞬思って、すぐ忘れてしまったのでした。

あちゃー。
もう一度、やり直したいよ〜〜。ひ〜〜ん。





















*

[PR]
by tobelune | 2017-06-01 07:17 | 笑えるね | Comments(0)

2017明けまして

b0246533_17251020.jpeg


おめでとうございます。
本年も「とべるね」をよろしくお願いします。
ぐんぐん芽が出る良い年でありますように!





















*

[PR]
by tobelune | 2017-01-01 17:40 | 笑えるね | Comments(0)

あぶないあぶない

こんなことがありました。

電車から降りる時です。
私はドアの所にいたので、一番先に降りようとしたのですが、
横から若いのが追い越して行った。
そのとき、若者のリュックが私の腕に当たったのです。
イラッとした私は、後ろから睨みながら、
「なんだ、コイツ?!」
心の中で毒づいたのです。

と、その男が振り返って、
「☆◼︎✕!」
何か言ったのですが、マスクをしているので聞き取れません。
後ろの連れにでも話しかけたのかと思いました。
でも、そうじゃなかった。
目は、こっちを見ている。
あれ?
彼は、ひとりで階段をトントン上って行きました。

今のは何? オレに言ったのか?
歩きながら考えます。
どういうことだ?
あの目は、文句を言っていたような・・・



あ、もしかして!

心の中で、「なんだ、コイツ?!」と思ったとき、
声に出ちゃってたのかも知れない。
それで彼は、振り向いて睨んだのか・・・
そう考えると、つじつまが合う。

「ぷっ、あはは」
そうかー。
言葉に出ちゃってたのか、笑える〜。
あぶないあぶない。
下手すると、ケンカになっていたかも知れません。

確かに近頃、独り言をつぶやいてる自分に気づくことがあります。
心の中のつぶやきのつもりが、声に出ちゃってる。
気をつけます〜(笑)。

チャンチャン♪





















*

[PR]
by tobelune | 2016-12-26 14:05 | 笑えるね | Comments(0)

もっさもさ

b0246533_13292014.jpg


「くるくるです。クイズです! 上は、パンの袋を切った写真です。さて、
裏返った文字を全部、すばやく読み上げてください〜♪」
「くりゅくりゅです。これ、簡単やん?
こしあん、もっさもさ くるみあんぱん。やろ?」
「へへへ、ほら、ひっかかった〜」
「何が?」
「もっさもさのパン、食べたいと思うん?(笑)」
「え?」
「正解は、もっちもち くるみあんぱん」
「あ〜〜!! ほんまや!」

チャンチャン♪





















*

[PR]
by tobelune | 2016-12-12 13:42 | 笑えるね | Comments(0)

いやしの薬箱

先ほど、富山にいる息子からの荷物が届いた。
ちょっと遅れの誕生プレゼントらしい。
包み紙を開けてびっくり。

b0246533_14032735.jpg

越中富山の薬箱? でも、地酒って書いてあるし(笑)。

b0246533_14033146.jpg

中身は、なるほど日本酒のセットだねー。富山のお酒、うまそ〜!!

b0246533_14035683.jpg

こういうラインナップ。美酒ぞろいって感じです。
こいつは、うれしいね。息子よ、ありがとう。じっくり楽しむよ。

b0246533_14033683.jpg

この効能書きが、くすぐられる。
そうそう、薬箱には付き物の、紙風船もちゃんと入っておりました。
まさに「いやしの薬箱」・・・父ちゃんは感激だぜ。
今夜は、どれから飲もうかな??






















*

[PR]
by tobelune | 2016-10-10 14:17 | 笑えるね | Comments(0)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune