<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

センス オブ ワンダー

夜7時頃。先ほどまで断続的に降っていた雨が止んだ。
今だとばかりに、自転車で近くのスーパーマーケットまで飛ばす。
食料とワインなど買って、「さあ、帰ろう」と自動ドアを出て、驚いた。

外は、嵐だった。
ものすごい風と豪雨。おまけに、雷がビカビカ。
「いつの間に・・?」
私の自転車は、暴風でなぎ倒されていた。

レジ袋を両手に下げたまま、立ち尽くした。
スーパーの中に引き返して、安全に待つべきだったかも知れない(大半の客は中に居る)。
しかし、このまま見ていたかった。
「せっかくのチャンスだ。嵐のすごさ、雷の恐さを間近で見たい!」

屋根があり雨に晒されないギリギリの所で、立っていた。
波状の雨が横に流れて、駐車場のクルマの屋根を叩く。煙るような雨。
空は絶え間なく光り、まるで花火大会のようだ。なんだかワクワクする。血が騒ぐ。

グァラグァラドーーン!!!
雷鳴の凄まじさに、一瞬ビクッと身が縮んだ。
怖い・・・昔の人が、あれを「神鳴り」と呼んで畏怖したのも分かる気がした。
そして、私はついに見た。灰色の空を走った太い稲妻。
「これを見たかったんだ」
もう、荷物を置いて雨の中に飛び出したい! そんな衝動にかられる。笑

と、買い物にきていた家族連れの小さな女の子が、ちょこちょこ出て来て。
お母さんが声をかける。
「傘もささないで、どこ行くのよ?」
「ためしに雨にぬれてみたい〜」
「なんでわざわざ、ぬれることがあるのよ? だめだめ」

お母さん、大雨の体験も面白いんだよ? 
傘をさすと、かえって危険だし。雷さまがいるし、風もつよいからね。
ずぶぬれになってもいいじゃん? やらせてみなよ?
と思うのは、無責任でしょうか?



結局40分くらい、立ち尽くしていたようだ。
やがて雷も大人しくなって、雨も小降りになってきたので、自転車起こして帰って来た。
そのあと、NHKニュースを見ていたら、
「東久留米市では、71ミリの雨を観測しました」とのことだった。




















*

[PR]
by tobelune | 2018-08-27 23:42 | ロマンやね | Comments(4)

デンワ急げ

今朝のゆめるねです。



どこかの広場のような場所で、人が集まっている。
何かのイベントがある感じ。
と、準備に忙しく働いていたおじさんが突然うめいて、どっと倒れてしまう。
ぼくの目の前である。
「心臓マヒ?」
あわててしまった僕は、うろたえる。
「えっと、こういう場合、どうすればいいんだっけ?
あ、そうか、まずは119番に電話だ!! だれか、電話して?
あ、オレ、ケイタイ持っていたっけ。お、オレがします!!」

ポケットからケイタイを取り出した。
ところが、なぜかケイタイが皮のケースに入っていて、チャックを開けなくては使えない。
急いで横のチャックをジジジッと開けて、パカッと開く。
と、その中にもまた、別の色のケースが入っていて。またチャックがついている。
「なんで? 急いでいるのに」
それをジジジッと開いても、また別のケースが・・・
気持ちばかりが焦る。
「は、早く救急車を呼ばなくては!」

開けても開けても、ケースばかり。ケイタイ本体が見えない。
5、6回繰り返したところで、ハタと気づいたのである。
「わかった! これ、夢だワ。
でなきゃ、こんなバカなこと、あり得ないだろ?」
夢だと気づいてしまった僕は、ほっとして笑い出す。
「安心してください。これ、夢だから。
ほら、これ見て下さいよ。ケイタイがこんなケースだらけになってて・・・
絶対あり得ないから。夢だよ。間違いない。笑」



目が覚めた。
なんともおかしくて、ひとりでニマニマして、
「これ、ブログに書かなきゃ。ウケる〜」
と思ったことでした。


















*

[PR]
by tobelune | 2018-08-20 14:08 | ゆめるね | Comments(4)

雨あがり

b0246533_14080288.jpg




みなさま、残暑お見舞い申し上げます。




















*

[PR]
by tobelune | 2018-08-16 14:18 | photo | Comments(0)

色づく

b0246533_14222871.jpg




この夏は、葡萄が色づくのも早いです。
一粒ずつ色のバリエーションがあって、それぞれに美しい。
お気に入りの一枚です。


















*

[PR]
by tobelune | 2018-08-08 14:32 | photo | Comments(4)

 空好き、猫好き・・・絵本画家 久保晶太の日常と制作ウラ話!


by tobelune